White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

こだわり

こんにちは。


ずっとやりたかった、ツイートの表示Ver.を貼り付けることに成功!


みれるのは、パソコン表示のみですが(・ω・)


スマホ版は、あまりカスタマイズの余地がないんですよね。


これに伴い、Twitterプロフィールへのリンクは、重なるので消しておきました!



これ、やりたかったから嬉しいです o(≧▽≦)o


他の方のサイトを見させていただいた時に、あ!いいな!と思っていたのです。


その時は、きっとテンプレートがそうなってるんだなんて思ってました(笑)


調べてみたら、テンプレートのせいじゃなかった・・・(゚Д゚)


私のカスタマイズ不足のせいでした。


これがあれば、作品の更新情報記事は、わざわざいらないですもんね!

1話ごとに、補足はできても。



創作をして、家のことちょっとやって、パートで働いて・・・。


これは、理想の生活です٩(๑>∀<๑)۶



子供の頃の夢が、こうして形を少し変えて実現しているのも、時代の流れや経過があってこそです。


小学生の頃は、恋愛ものに憧れていたんですよねー。
けど、続きを書けなくて一話完結の、運命の人と友達と、出会って終わり的なお話ばっかりでした(笑)

子供ですね.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.


友達の友達から、「続きが読みたい」と言われたこともあったのですが、書けなかったんです。

少女マンガに多大な影響を受けて、書いていた自作なので、その頃は全く、お話の展開がわからなかったのかもしれません。


出会いはこうで、そのあとの波乱万丈は、人生経験がないからか、書けないんですよ。


何事も小学生レベルからと、思う機会が別のものでありましたので、この手のものを先に書いて、学んでおいてよかったなと思うこともあります。

私は、恋愛ものに向いてないということです(笑)

稚拙ということもありますが、絵と違って視覚で風景を魅せることができませんので、よかったな〜!と思うのです。


じゃあ、新しく自分の中に開拓したものはどうなのか?


そこもまた、小学生レベルからのスタートではありますが、一緒に成長してきたものもあるのか、わりと書きやすいんです。


知識を得られるものを書かなきゃなぁと思うことで、図書館に行ったりもしましたけど、難しい世界だなぁとも、思っています。


ただ、救いなのは、ネットで無料で読めるものに、そこまでのレベルは求めていないという言葉でした。



短篇、何書こうかな(´∀`)♪

以前のブログに書いていたものの、書き直し&焼き増しから始めようかな(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑参加してます (・ω・)ノ*。.・°*