White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

終わり方…(ニヤッ)

よし…書く!!:(´◦ω◦`):


インイチガイチ=無限の考え方は、さておき。

1が、無限の可能性ー!
行くぞ!ひとりひとり?

私は、2が無限だって書いたことあったなー…(´゚д゚`)?と、あるアーティストに疑問を持つようになった。

知ってもらいたいので、書ける範囲で書く。


私は、結構怒ってる。


1は1ですよね。

2は、1がどこからか、もうひとつやってきてふたつになるのだから、奇跡だと言えることも、双子に置き換えればわかることもあるのかなぁと思ってます。


なんか、もうホント表せない。


高野苺さんと、超絶どこかしらが似ててマジピッタリなコラージュ。

こんだけ(笑)

私が好きな人々と、いろんな何かが違いすぎて笑える日々を、特にファンではなくどうでもいいはずの人々まで、いつか笑えるよう、お祈り申し上げてる。


公式に、ヨリドリミドリとかド☆ケベ発言してからの流れ凄まじいから😃

現実になっちゃったよね。
記事を貼らない優しさ( ˙꒳​˙ )
アスタリスク×ガラケー事件。


世界中に、インスタを使って事前に放流することになってしまった、私だけのBirth Truth。


「この顔は、ド☆ケベです。」

顔出しの状態で、ブログのスクショをコラージュしたものを貼り付けて、御本人からの世にも珍しいコメ返を、いただけました!と書いて、私が自らなんとなく抜粋した部分がそこだった。

見ようによっては、指名手配的なものだったかと、のちに公式の肖像権等のアナウンスがあって削除することに。

あのフリーザボイスは、私の当時のブログのどこをどう読んでいただけたのか。

「世界中を飛び回るような世界観」っていう謎の言葉をいただいて、そうか、飛び回りたいんだ!と解釈(^ω^)

別にブログの文章で世界中飛び回ってないし、ラストに「世界観」ってつけたら、相反するように小さな世界〜♪( ˊᵕˋ ;)


そういう言い回しがまた好きそうだし、得意でしょうからね!!

だって、フリーザ様ですよ。
そして、バイキンマンです。
本物の声担当による中の人ネタですけど🙌

キャラは、声優さんのおかげで好きです。

だからなんとなく、出たな!バイキンマンって思ってても、10年もファンだったのかもしれないよね(´・ω・`;)


いろんな、こんちくしょう(笑)

別に、人間関係的なものは一切ないです。当たり前に。

ないのに、あるように見せる体質ですよ。嫌なの。


さすがだよね、営業。

気質なんだね。きっと。


ウマーい!馬が合うという意味で🏇💨

黒☆さんは、嫌いじゃないし尊敬とやっぱり感謝はちっさく丸めて、持っとく!

あの人は、きっと優しい😃👌

もうひとりはギター&コーラスだけど、メインも歌っちゃうし、最近は嫌味も役割果たしてるから、ギター&ショーワル〜って言えばいいのに( ˙꒳​˙ )

メインモーカルとか。
その場合、もうひとりはサイドボーカル…。

私の中ではフリーザからのバイキンマン

よく知らない、わからない。
あのふたりに特に興味もない。

実は、どっぷりめなファンの方よりも、そういう遠目な方にお送りしていますφ(・ω・ )

そのまんまの方がいいです。


ファン辞めたから、特にブログで勧める理由がなくなったので、私はこうなりました。


あのー、魅力のひとつだと思ってたし、そうなんでしょうけど…

歌や歌詞と、ライブのMCに垣間見れる人柄が…ちぐはぐ。


それが、20周年を迎えた彼らの芸能生活半分を共にした私の感想として残ってるもの。


ヤメ時ってあるよね(´•ω•`)

何事もさ。


そういう機会が、強制的にやってくるってサンタじゃなくてサタンが街にやってくる感じ…。

あなたから、メリークルシミマス♪

好きで、書いてきたものはあったんだから、嫌いになったら書き方はどう変わるのか。

それは私にも未知なもの。


この記事を通して、得られるもの。

彼らは、おもしろいです( ˊᵕˋ ;)

ふたつみっつの意味で。


私は、ずっとファンのカワを被った、ただの通りすがりだったんだ…。


私は、33執念。

原点回帰して、生きていきます。


今も、変わらず追う方々には楽しい時と、優しさと言葉をありがとうございました。お元気で。( ´ω`)ノ

なごり雪のような、私の涙でした。



死を扱う作品って、難しいよね。
そう、思うし本当はそれを言いたくて。

それがまさか、双方とはね。


だから、まるでコブクロと胡麻味噌が、出会えてよかった〜感じがしてます(^ω^


少しまた泣いて、10年を忘れるね!🙈

感動を、ありがとう。


タンスの引き出しにしまっときます。


f:id:hanakonekono:20180416183706j:plain