White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

幸せとクソの物語『Smile Again!』

夜明け前の薄暗い時、大樹のそばで朝陽を待つふたりの姿がありました。


秘密の魔法使いさんとコロボックルは、森を新たに歩いて行く日々の中で、それぞれにたくさんのことを学びました。

ふたりの思い出は、空に瞬く星の数と同じくらいだと言います。


秘密の魔法使いさんは、その日々に勇気を持って挑み続け、強さを知っていきました。

コロボックルは、優しさを知り、強さを知り、自身の中に誰かを思う心を見つけました。


ふたりは思い出を並べるように話し、心に浮かべて、それぞれに気持ちを表す魔法を思い描いてみることにしました。

たくさんの涙、いろんな思い。

秘密の魔法使いさんは、その魔法に「願い」を、コロボックルは「夢」を描いて見せました。

優しい風とともにあの花畑を思わせる花が舞い、キラキラと流れ星が軌跡を描く。


コロボックルは、時折見ていたものは記憶だといつからか気付いていました。

森が見せてくれた、大切な記憶。

ある日見たのは、ひとり、悲しみにくれる秘密の魔法使いさんの姿。

コロボックルには、それがとても胸が痛かったのです。

僕が悪いって、無意識に思ってたとこぼします。


秘密の魔法使いさんは、少し黙って考えたあと、言葉をかけました。

「生きていくことは、なぜか避けられない悲しみも含まれている。それはきっと、運命と呼ばれるもの。あなたは、この森にまた生きていくことを選んでくれた。その苦しみははかり知れない。」


森は、その勇気で守られた。

そう言われた気がしたコロボックルは、その優しさに感謝をした。


そして訪れる、空が一面、青に染まっていく時。


ふたりは、ひとつの呪文を唱え始めました。

ありがとう 喜び 生命の魔法
虹に眠る 記憶の色は
新しい日々に染められて
生きて知るのは 空に流れる優しさと
頬伝う あなたの温もり
この思いを届けよう
再び願う 幸せのとき

SMILE AGAIN!


ふたりの声は、空へ響いていきました。

柔らかい風が、ふわりと、ふたりの頬を撫でていきました。

朝陽が昇り始め、一面が海のような青の瞬間は、空にとけていきます。


ふと、宙にふわふわとひとひらの羽が舞っているのを見つけて、ふたりは胸の高鳴りを抑えきれず、背後に聞こえた羽音に、同時に振り返りました。

 

そこには、謎の魔法使いさんの姿がありました。


声を上げて泣くふたりに、魔法使いさんは言いました。


「ふたりは、どんな悲しみも乗り越えていける強さを持った。」


泣いて何も言えないふたりに、魔法使いさんは続けます。


「もう一度、一緒に生きていける命に感謝する。」


森には、動物たちの声が響き渡っていきました。

 

コロボックルは、やっと言葉になる思いを口にしました。

「魔法使いさん、僕はずっと謝りたかった。耐えられなくてごめんなさい。」


ふたりの魔法使いさんは、何も言わず、コロボックルを見て、その瞳に涙の温もりを伝えていました。


「痛い 痛い その痛みはどこからやってくるのか。」


ウインクをする、謎の魔法使いさんに笑顔で応えたコロボックルを見て、秘密の魔法使いさんは微笑んでいました。


すべてを思い出したコロボックルは、本当にいろんなことがあった森なんだと、心にもう一度深く刻んで、ふたりの魔法使いさんの背中を見ていました。


戦ってきた自分も、葛藤していた心も、失ったものも。

すべては、心の闇が招いた森の痛みでした。


アイツは姿はなくとも、その気配、罵り、卑しい笑い声を森に響かせていける存在。

森に生きるみんなに、その爪痕は残されています。


謎の魔法使いさんの描いた魔法で、枯れ木だった桜は見事に花を咲かせ、その心を描くように、大樹を潤していきました。

この魔法は、「ららLOVE」という魔法だと、ふたりにニコニコしながら教えました。


ゆっくりと、歩き出す3人の背中を見届けて、桜は花吹雪を贈りました。


それぞれに悲しみを乗り越えて、元気になった森のどこかに、幻ではなくなった本当の花畑が、その香りを優しい風に乗せて、温もりを届けていくように…。

森を歩く猫は、ちらりと振り向いてあなたに言いました。

「Wish your happiness!」


「にゃ。」と、ひと声鳴いてまた森を嬉しそうに歩いていきます。

 


───流れた涙は、いつの日か夜空を翔ける星になり、この森を彩るでしょう。


大樹は、柔らかな風に花を散らして語りかけます。

 

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

ここまで、お読みいただき本当にありがとうございます。長いこと寝かしていたものが、こうして人目に出す機会が訪れたことには環境の変化や心境などがありました。このラストが王道とはいえ、描けてよかったと思います。

 

この森や世界観が、あなたの心に宿る一筋の温もりとなったら嬉しいです。

あなたの幸せを心より願い続けます。

 

      ʚ♡ɞ

心に描いた、私から贈れるハートフル。

 

猫乃はなこ 『幸せとクソの物語』φ(.. )