White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

笑いの種と笑いぐさ

探究心は、いいな(っ ॑꒳ ॑c)

つい、出来心で書いた記事に今までにない動きというか反応をいただきます。

ありがとうございますm(_ _)m

 

見聞録があふれる所

ブログは、日本語訳にしたら見聞録なのかもしれません。ちょっと、意味がふわっと出てこなかったので、調べたら自分が見聞きしたものであり、『東方見聞録』が浮かぶ方は世界史に詳しいのではないでしょうか。

有名所ですが、ふわっと浮かぶことは大切で、そういう方はネットは大航海のようなものでしょう(´∀`)He's a pirate!

英語ではまた少し違った訳になるようで、見聞録は旅行記のようなイメージに。そしたら、ガリバーがふと出てくる不思議。

 

怪力の種?忍耐の種?

新聞の一部を見ることにして、それが今の私にできる最高の学びタイム。

ニュースアプリやテレビもいいけど、やっぱり新聞もいいのは、言葉による表現に欠かせないものがあるから٩( 'ω' )و 

なんか、前回の記事、ブログ畑のウネのくだり書いてたら、たまたまその道のプロの方のもうじき立春から88日目、八十八夜ですね。という記事が目に留まって。

やずやって読んだ(˙◁˙)夏も近づく…ホニャララが歌える人は、子供の頃誰かとおてて遊び?してたはず。ドラマ夫婦道好きでした。

 

そして、記事に見られた偶然の一致、緑のウネ茶畑。

私のウネは、なぜかうねりだす…( ˊᵕˋ ;)

耕運機ディアブロス!強そう。ガレオス、ドスガレオスなんて、カ☆コンプロデュース、リアル・アイルー農場計画はそのネーミングセンスだけに留めておくけど、ブログの耕運機にはいいなぁとか思っちゃう、モンハンやりたい症候群。ワールドは、まず土壌(ハード)がない。

 

一期一会の精神は…

今のネットゲームには特に思いますね⸜( ॑꒳ ॑ )⸝

これは、もとはお茶の道の言葉で精神のこと。その生涯で一度きりの出会いだと思ったら、そのご縁を大切にしていきましょう。という言葉だと思っていますし、調べてもこんな感じです( ˙꒳˙ )

人間、そう何度も良き出会いには恵まれないんじゃないですかね。その人との出会いがまた会えるだろうとかもう似たような人はいるからいいやなんて、思えてしまいそうな、昨今のネット事情

私にも、希薄になった感覚はありますが、FF11で学んだ一期一会精神の野良パーティは、大好きでしたし思わぬ感動や人との繋がりを見せてくれました。そのスタートには、無印と呼ばれるモンハンシリーズがありました。

 

異国の地での記録が新たな出会いとなればいい。

読売新聞 編集手帳より。

 

私には、海外経験はほぼなく、ファンタジーです。その地での思い出は、まさに見聞録なのでしょう(。•ᴗ•。)

備忘録よりも見聞録が求められていく時代なのかもしれませんが、筆者の方は物事の転がりにそれが重なってくるようです。

マチュアは、おうべきもの、背中を間違えてはいけないんですね。間違えたなら、それもまた見聞録になる(´・ω・`;)事によっては失敗談だけど、それもまた時代や人に常に求められ、愛されたり重宝されるべきだと思います。

 

情けはひとのためならずは、ふたつの意味を持つようになり、未来では少し形を変えて、失敗は己のためならずとも言われるようになっていくのかもしれません。

 

ちょっと、やっぱり耕運機のくだりでうまくまとまらなかったなぁ(´•ω•`)モンハンと読売新聞さんとウネのマリアージュよ。

話題の種はふたつまでにしとけよってことかもしれない(笑)

大草原でひとりで寝っ転がって笑っていた時間は、いつしかこうなります。

 

モンハンにて、笑いの種が追加されたら、効果は何でしょうか。パルプンテ…!?( ˊᵕˋ ;)

ワールドを、全力で応援しておりますので、ハンターの方はどうぞ、お楽しみください。