White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

追記あり 巨匠にウィズラブ!

ふと、考えていたこと。

流行病の症状を私なりに分析しています。

いつもこういったことの資料は、ネットに流れているもので、桃太郎のように流れてくる、または自ら川下りをするように登り、情報を頭でまずは組み立てていきます。

これ楽しいんですよ!(^ω^)

 

ありえな…

  1. ネットにも川は流れている
  2. 滝があるかもしれない!
  3. どんぶらこしますか?

 

ここで、最後の意味がわかって笑っちゃった人は、わかりやすいお話です(* ॑꒳ ॑* )今日は、桃太郎で行きましょう!と言いつつ、スプラッシュマウンテンと化す記事。

 

…どんぶらこっこどんぶらこーん。

 

アラサーのおばあさんは、ネットへ心の洗濯にまいりました。どこぞの偉すぎるおじいさんは、なぜかテキサス州でガチハブアナイスデイ。それを、おばあさんはネットの川で歌にしていたそうな。

 ソマリ(hanakonekono85) on Twitter: "これ初めて使うー!😆 for the first time in forever! I use RT with comment.英語喋れないけど最近翻訳アプリ入れた🐱これ、日本の若者か芸能人のツイートみたいだなぁと思ったの。安倍さんと使い方違うよね!☺Have a nice day!… https://t.co/UB5X9ekhMd"

 

おばあさんは、ネットの川で遊ぶ、笑いの国を探すウサギどんに言いました。

「機転を利かす頭でも、利用されたら滝からはとりあえず、落ちるんだよ?」

ウサギどんは、構わないさと今日もぴょんコラ跳ねて、旅に出ていきます。それは、誰しも持っているエビバディハズァラッフィングプレイスであると言います。

しかし、人々はこれをおばあさんのラフティングと言います。

今日も、おばあさんは楽しく川をラフティング。

ウサギどんは、また滝つぼへの道を歩いていきました。それは、家に帰ってくると頭がボッフンしてしまうために、また同じ日を繰り返すのでした。自分でいつも「笑いの国はここだった!」とただイマがわりに言っていたのに。それがいまでなうで現在を生きるという、永遠の不老なのでありましょう。

ここで、クローズアップ現在。

おばあさんは、無事川登りを終えていました。

「また、年老いた気がするのぅ。」

長年愛用している、クックと呼ばれる古い古いオトモダチ。

グァババババ⊂(°θ°)⊃

音に弱いのが、たまにキズ。ちょっと仕掛けて怒らせるのもまた、日常茶飯事。実は、ラフティングはフライングでした。人はこれをフライングダイナソー?と言いました。

「やっぱりガチラフティングは、トトスかラギアで迷う。」

川には、新たな川登りをサポートするものを探しに。

店主のイルカさんは言います。

「どっちも凶暴ですねぇ。」

 

ここで、ウサギどんがまた、落ちるようです。

「(´・ω・`)💡」

イバラの茂みにだけは絶対に投げないでぇー!

コメディアンからクエスチョン。

独自の言語と発想を活かした、リアクション王国の王様が現れます。こういう時、お約束なのは?

 

そう、ならば…という結末へ。

 

※南部の唄?という、スプラッシュマウンテンの原案にあたる作品は、確かに差別問題を呼び、今では見られないとされています。

 

おばあさんは、言いました。

私は、日本人としてわからないところがある。なぜ、この結末に至るのか。

日本では、キツネどんやクマどんは悪者とされ、ウサギどんは痛い思いをすることで泣きっ面に蜂を覚えるのです。そこで生まれたのは、サルカニ合戦や桃太郎など、昔話としてほぼ成敗されていることが挙げられます。

昨今は、差別!と聞けばわんさか集まる傾向にあります。しかし、日本はなぜ鈍いのかに焦点をあてると、「色による差別はありえない」からであると考えられます。だから、イエローモンキーと言う言葉があるそうですが、別に何とも思わず、猿ってなんやねんと後半に僅かな疑問を抱きます。色じゃないんですね。

 

パワーワードは、強い言葉であり、殴られている感覚に陥るものです。暴力は確かに人を支配できます。それは、心を同じようにするからです。

人は、心を踏みにじられたり、傷つけられたりすることで、本来はそういった行為に出ることもあります。しかし、これはさらりと調べただけでは明確に治す術や薬がないようです。ということは、戦争において体や精神的に脅かされて、常にピンと糸を張りつめているような状態にあります。

 

はりつめた弓の ふるえる弦よ

月の光にざわめく お前の心

研ぎ澄まされた刃の美しい

その切っ先によく似た そなたの横顔

もののけ姫より

 

そういうことー!で終わりにできない、ブログ(笑)

これを踏まえて、聴いてみて(´•ω•`)

 

みんなが、アシタカだよ。

手のひらに傷を負い、シシ神様は(私に)生きろと言ってくれたのです。私のヤックル。そして、モロは…。

人は、憐れで醜いってね。本当だなぁと、さすが宮崎巨匠でございます。世界に誇れる、我が日本の心であり、魂。もののけ姫を小学生の頃に映画館で見れた私は、アラサーのおばあさん(笑)これ不思議でね。

もう一度観たい作品のアンケートが公式にあったんですね。LINEかな?

私は思い出をとったのか、それとも大好きなラピュタにしたのか忘れましたけど。ラピュタは、生まれ年前後のものなので、映画館で観れてないんですね。でも、本当は当時のものが欲しくて(笑)もののけ姫は、下敷きとサントラがあります。マジ思い出。本当はテレカもあったんですけど、無くなったかも(笑)コダマのやつ。

でね、1位をとって、もう1回観たいって実際に上映された映画、もののけ姫じゃなかったと思います(笑)意外なものだったような。

ちょっと、ド忘れ。調べてみるのもいいかもしれないですね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶後で見てみマース。

⤵︎⤵︎⤵︎親切心(笑)

『レッドタートル ある島の物語』公開記念!スタジオジブリ総選挙

 

もののけ姫、すごかったですよ。旋風が。

余談ですが、タイタニックでレオ様の声を担当したアシタカが出ている、中の人繋がりでレオ様は、もののけ姫かと思いきや、千と千尋が好きな作品だそうです。不思議ですね!

当時、もののけ姫の英訳タイトルがかっこよすぎて今でも再生されます。

 

もののけ姫に、世界を重ねて。

それではもう一度。

 

世界の名作劇場入り✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

アイラブジブリʚ♡ɞ

With Love.

It has walked with me. Life is Ghibli knows. The answer is the kindness that Japan draw.

Thanks for loving Japan everyone in the world.

I am learning English with translation software. This is the result. I'll try!(`・ω・´)

 

(๑・㉨・๑)…Twitter英語のみになるって聞いたよ。探したらそういった記事がない(笑)どこで聞いたんだろうか。失礼しました。