White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

言葉と人の心に棲む魔物の正体は…

ご存知の方もいらっしゃると思いますが。

 

私は、8年前から戦い始めたものがあります。それは、過去からのいらぬ逆恨みであり、ここでも既に言葉のイメージや解釈の違いが生まれていると予測できます。

まず、逆恨みについてなのですが。

 

⚫逆恨みとは…

1 こちらが恨みに思っていいはずの人から逆に恨まれること。「逆恨みを受けるいわれはない」
2 人の好意を曲解して、逆に恨むこと。また、筋違いなことを理由に人を恨むこと。「親切のつもりが逆恨みされる」

 

引用元 逆恨み(サカウラミ)とは - コトバンク

 

逆恨みという言葉の持つ響き、ニュアンスはそれをその言葉の認識とした時に、「恨み」の部分にまず集中して考えてしまいませんか。そこで辞書を引く、またはよくわからないから言葉の意味を調べ直してみるという対応をされる方は多いと思います。これは、実は人生経験や人生観が表れている瞬間であり、人がその言葉と出会った時の年齢や環境がそのまま反映された結果でもあるのです。

 

私は、「逆恨み」という言葉を聞いたのはテレビのニュースからでした。

では、これを人生で実際に自分が体験して、その時周囲が教えてくれた言葉だとしたら、この時点でこの言葉の意味を知らない!?と驚くことになるのが、今やインターネットの基本なんですよね。何かの基本がズレにズレているように思いますね。

 

知らないことが当たり前。知らないから好きに言う。

これをわかりやすくパキポキすると、ここまで書いた内容で考えた時に、言葉の意味さえもわかってなかったら…どうなるのでしょうか。

 

もしも、「逆恨み」の意味を勝手に解釈して、間違えたままTwitterやブログで発信してしまったら…。

 

答えを書く、その前に…

表現をする時に、間違えてるというよりは単に意味の誤読や勘違い(ケアレスミス程度)が増えており、この場合の例としてはネットリテラシーとネットマナーに多くそういった誤用が見られるそうです。

なぜ単純に「間違いだ」とは言わないのか。

表現の時代で、全体よりもそこォ!と突くように誤用などを指摘するよりは、そんなもんは自分で調べるなりして孤独に理解しておけばよくて、大事なのはブログやツイートにおいて文全体が意味するひとつの答えのようなものを知るために、それを見たのではないかということであり、言葉を間違えていようが検索上位表示をバカにできない理由はあって、知りたいことがわかったなら評価はそこなんですね。

 

(๑・㉨・๑)表現をしてる人って、特に誰でもできる言葉主体のものだと自信ある人もいらっしゃるから、めんどくさいことになりやすいクマ❣

ʕ•ᴥ•ʔみんな自分に最低限の自尊心を持って臨む(のぞむ)けれど、逆に望まれるものは最大限なんでしょうね。

 

人と話していて何かがズレるのは、会話の太平洋プレートかなと思ってます。

 

(っ'-')╮=͟͟͞͞📖

では、私が本当に言いたいことは誤用で済む話なのかという核心に近い点。

度々書いている、情報化社会についてですが。重ねてみると、怖くないですか。

情報の誤用です。デマともされるものですね。

 

⚫ダメなヤツ(人のことではない)の流れ

  1. 勝手なことを言う。
  2. ⇑⇓⇖⇗⇘⇙(情報の動きの様子)

 

こんな格闘ゲームのコマンドみたいな動きを見せて、情報はデマとなっていくのです。

私は、それだけなら騒ぎになるまでの「デマ」と言われず、ただその人を表しただけに思えるのですが。やはり、情報自体にも言えることなのでしょう。デマ拡散と言われるのですから。

 

⚫デマとは

《「デマゴギー」の略》

1 政治的な目的で、意図的に流す扇動的かつ虚偽の情報。
2 事実に反するうわさ。流言飛語。「人を中傷するデマを飛ばす」

 

引用元 デマの意味 - goo国語辞書

例文に言いたいことが書いてあり、「温床」のお話こそ、まさにこの記事の核心かなと思いました(笑)

 

言葉との出会いに、新聞や本は良いとされる理由や読んでいる人は明白な違いがあるんですね。

ブログは天地無用シールがあり、ツイートには割れ物注意があるような、言葉のお引越し状態配送を見てしまいます。

配達業者の荷物の扱い方に問題があるというニュースもよく見られましたね。

 

まとめる

さて、最後にデマが人に関するものだった場合。

これは私の生涯のテーマとしており、本当に嫌なのですが、ブログなどを持っている方もブログを悪用されることだってあるそうですから、もはや危険物ですよねノ)゚Д゚(ヽ

 

(๑・㉨・๑)危険人物ではないふしぎ。

ʕ•ᴥ•ʔフシギぃー!

(๑・㉨・๑)お腹がまっくろくろすけですよwって聞いたことあるクマ。

ʕ•ᴥ•ʔうるせーよ、お前だよwwwって思いますね。

(๑・㉨・๑)嫌いだったけどね、そういうところがメインジョブで。最後モンスター(ソウルフレア)になったクマ。※FF11「姫ちゃん(非女含む!?)」参照。

 

過去記事からも出土すると思いますが、同級生という強さ!さらに、元友人というポジションはどれほど(検索に)強い情報を持つのか!また、誰のどんなシロモノで上位表示されてしまうのか。

人間、生きてきたら歩いてきたその道の長さだけ、嫌って嫌われて生きてますから。

自分に関してネガティブな情報を率先して言うヤツって、友達でいたい?

だから、友達じゃないんだっていうのはむしろそんな情報を見知らぬ人に流せる人「だから」なんだと思わないと、大変だよね。

 

人は、信じたい方を信じるし、人柄や外見に欠点が特にあげられてなければ、そりゃ中身にくらいどうしようもない欠点ないかなって、精神含めて年齢が若ければ思ってしまいます( ˙꒳​˙ )

 

曇りなき眼(マナコ)は、心の眼でそれこそ私が好きな明鏡止水発動ですꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)

心は鏡だから、そこに水鏡をイメージしたらモンハン2(ドス)のOPにそのシーンがありますが、落ちた滴が波紋を広げて、また静まり返る瞬間の集中力かなと思ってますので、波風が立たない心は穏やかです。

いちいち騒ぎ立てないという、心の鍛錬ですね✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

私は、人と面と向かって話してる時は信じないし、派手に驚いて見せたりしながら、誰かに言う前に忘れますね(笑)

もう信ぴょう性ある情報持ってる人が友人には皆無だし。仲の良さとか考えた時に。

 

「本人」からの言葉さえも信じられず、知り合ったきっかけにしかならなくて、「元友人の証言を信じたい人」の、どこに導かれてそんな人間関係の人と繋がるのかも、はたから見てると疑問だったりする。

 

友達が言うんだから、そうなんじゃない?

 

(๑・㉨・๑)その友達は、すべてが自称のような人間だったとしても…?

ʕ•ᴥ•ʔそれは、まるで学生時代や友人時代を共に過ごしたように錯覚できるのかしら…。

 

「繋がりたい」タグは、確かに心と頭にスプリングハズカム♪

私は、元友人に書いた替え歌は卒業をテーマにした当時売れていた歌で、過去を断ち切ると書きましたが、書いている時悲しくて泣いていました。

桜散らしの響きはキレイなのに、意味はひどい(笑)まるで、私が書いたmy graduationみたいです。刀の技にいいかなと思う。

でもなんか、ルパンの五右衛門的な感じになりそう(´•ω•`)