White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

エトピリカをききながら…

ฅ•ω•ฅ色即是空

 

昨夜は、台風が凄すぎて、ずっと窓に水撒きをされて、その音がまるで家ごと洗車されているかのようなうるささ。さらに起きた時には家の屋根飛んでるかも!?という恐怖に、ふと野良猫は大丈夫かと心配になりました。

逆に家の中の方が音や揺れで怖いような…と思うけど、外の方が危険ですよね:(;゙゚'ω゚'):

ネットにも台風が来たらと思ったら、炎上がそれに近く、自身の名がついた台風???号なのかもしれません。

 

ブログ開拓の立て札効果

今日もたくさんの考え事をし、自身の書いたものへのアクセスの傾向をサラッと見て、もっと書きたかったジャンルで、今後の開拓にもいいなと思えた記事を発見。

追記をなかなかできず、迷っていたものですが何らかの検索で過去記事にも来ていただいていることがわかり、この機会に応急処置として一足遅い追記をしました。

そこで何もしないよりはいいかなと思いまして(´•ω•`)

今後、書ける日にもう少し幅を広げた書き方で追加記事に挑戦したいと思います(๑•ᴗ•๑)

 

アクセス解析の陰

解析は、読み手の方でブログを持たない立場の方々には未知の領域で、賛否両論あるものかなと思います。

書き手として重点をおいて見るところはそんなに多くないので、どの記事をどのくらいの数の方に見ていただけたとか、私のブログでは流入が想定されにくい仕様での開拓なために、リンク先にあたるどこからのアクセスかはマレに不安になったりします。

ほとんどがはてなブログ内からのものであり、私にははてなキーワードがありがたいシステムです^^

 

昨今では、足跡がつくことを嫌う傾向にあり、かと言って、それでは書く側が逆に恐怖を感じるということもありますし、予期せぬトラブルや記事のウネの開拓に指針がなくなってしまうので、風見鶏程度として捉えていただき、一般的に、ネットを普通に見ているだけなのに、相手にもパソコンの中から画面越しに見られているのかも…!?とまではいかず、書き手には読み手の方は基本的にありがたい存在であることを、私は書いておきます(*´˘`*)Thanks❣

 

書く側にもいろんな方がいますけど、あまり数字にこだわるようになってしまうと、ブログの魔を見るようで怖いですね。

読む側の魔も、ジャンルによっては恐ろしい魔の手であることは、いつからか忘れましたが考えて書くようになりました。

 

ブログを選んで綴る

この6〜7年ほどで書けたものは、ネットだけにとどまらず膨大で、ストレスと考え事の内容により媒体を選んで綴っていますφ(.. )

不思議なことに、そうなるまでに何年か費やしたことは自覚していますが、書き方や書く内容に変化が起きるようになり、これでも見せられるもの、見ていただくものということを意識し、壁に耳あり障子に目ありの考え方を大切にしています。

 

一番最初に書いたものは、幼いし緊張感が漂っており、書くということに敏感で迷いながらだったことを思い出します(。・ω・。)

自力で辿り着いたことが、私の軌跡の中でも頑張った!と言える証でブログは特にカスタマイズやセンスが問われるものでもあるそうで、文の内容だけでなくひとりでの船旅のようでもあり、開拓史のようでもある感覚を得てからは日々の大切な書き起こしとしています。

 

心の変化

あまり過去記事を眺めないタイプで、症状とのバトルでもあるので文体に自分でもビックリな変化が起きていることがわかる時も多いです。

私は、そういう症状とも自ら向き合うために残してるところがあり、世間に心の病や傷に対して理解を求めるよりも、この時代にネットやSNSを通して、そういった方々とも当たり前に関わるのですから、道徳はそろそろ形を変えて心と人生そのものを枠組みだけでも平等にみんなが学ぶ学問にしたいと考えて、これがあったらいいなと思うものを厳選しました。

そこに、ド素人の私が考える犯罪抑止とそれぞれの心の傷への理解と、選べない同級生は一生ものであることをその後の人生に重ねて、環境が人を育み作り上げてしまうことをみんなで学ぶべきだなと思いました。

「道徳」という名称を変えて、興味を持つ心理を利用して名前をつけるだけで、授業中に寝ないと思います(笑)

 

そして、すっかり家族間が携帯の普及によりセパレートになってしまったことで、子供とのコミュニケーション不足もわかりやすくなってきてしまったことは、もう闇だなと思っています。

 

私は、子供がいたら…今小学生くらいかなと想像だけしてみましたが、本当に大変なんだろうなと思いながら、嫌がってもめげずにずっと言葉やイラストで表現することと向き合わせる母親になったかもしれないwと思いました(´•ω•`)

私は割とそういった家での教えが少なめで、それを悲しく感じるので、将来的に考えて、学校の作文が苦手すぎる子になってほしくないし、言葉の魔法を信じる子であってほしいし、自分の学生時代を思っても、言葉は魔力を秘めていて傷つけるために使わないでほしいと言い続けて、来たる反抗期へのガードレールとして「うるせー!ババァ!メシ!」と言われたくない:(;゙゚'ω゚'):と、私も親として一本背負いを習得している必要があるかな…と考えてみました。

 

感想を何かと書かせるというか、長さは問わず、自らあれもこれもと書ける子にするのは遺伝子もあるとは思いますが、好きなものに対する思い入れを作品からなら書けるでしょうから。自分の子には、漫画からでも映画からでも何かを書いてほしいです(。・ω・。)なんか見たら書けよって言います。

 

(๑・㉨・๑)見てないって嘘ついても、クマゴロウにはわかるクマァ…。お前、妖怪ウォッチ絶対見たクマァ。

ʕ•ᴥ•ʔ思っくそ、技出してましたもんね!3DSにはソフト刺さってますし。

 

今だったら、ということで(笑)

妖怪ウォッチが好きで、羨ましいですね。子供と楽しめることが。

とある場所で聞こえてきた会話がかわいくて、なるほどと思わせていただいたことは、大事だなと思います。

 

ʕ•ᴥ•ʔフ☆ニャンはいいけど、ウィスパーはダメー!

(๑・㉨・๑)なんでクマ?ウィス野郎は声だけなら殺劇舞荒剣したり運命のRPGでは主役だったクマ。

ʕ•ᴥ•ʔほとんど何も知らなくて、すぐ妖怪パッドに頼るから。

 

大人でもグサッとくるのに、笑ってしまうし子供の正直な感想が人気の理由なので、ホクホクしながら、クマゴロウが記憶のメモをインサイドヘッドの本棚に、一部モザイクをかけて大切にしまっておりました。

 

(๑・㉨・๑)ファンタジー好きすぎて、よくある本が浮いてるイメージで、天井が高い、大きな図書館のようなイメージクマ!

ʕ•ᴥ•ʔリアルホウキで飛んで整理してるんですよね!

(๑・㉨・๑)全体的に魔女宅のイメージで、ブログに宅配しだす。

ฅ^ΦωΦ^「ニシンのパイ」の反応の仕方は、今やネットやSNSの常套句ですにゃ。

 

時は動いていく

私が考えて終わりでも仕方ないなと思っている世界樹ですが、それは私ひとりが頑張ればいいものではないからで、じゃあ代わりに…とも思えなくて他力本願もこの時代が膿んでしまった大きな腫瘍のひとつなんです。

 

ネットという場が教えてくれるものは、学びであり経験でもありますが、FF11では「ランク⑩」と呼ばれた、否定から入るタイプの輩が都市伝説のように語られたこともあって、若い芽やこれからの芽さえ摘んでしまう言葉や見せつける趣味の域の才能、批判が形になって現れて「何をしてもムダ」を作り出してしまったように思います。

 

私自身にも、魚拓だアーカイブだと私の伝記があれば騒動としてさらりと書かれる出来事はあり、人の心が荒んでいるのがわかります。そして、それは荒波や台風のようでした。

これは、趣味の域がしんどいです(´•ω•`)

 

表現を頼んでないのに比較されるって、嫌ですね。まして、それぐらい誰にだって書けるとされるのも、言葉主体の人には壮大なため息になり、♪ソング・オブ・ライフ感。

 

私のインサイドヘッドは、ストレスが溜まると小島よ☆おがウェええーい!\( 'ω')/したり、かつての懐かしCMを流したり、オーケストラがいるようで笑うためにとても賑やかです。

 

(´・∀・`)ムッシッシー無っ視っシー…

 

(๑・㉨・๑)…出たクマァ。まだいるんでしょ?出てこい!

ʕ•ᴥ•ʔいえ、チーズ先生はひとりですよ。

(๑・㉨・๑)悪巧みするとタンスからも出てくるクマねー。衣替えでもしてたクマ…?

 

幻のくまさんずには、広大なその敷地の内部に世界の秘宝エピキュアチーズが隠されている…らしい。

チーズ先生は、その秘宝を密かに探し求めているとか、やっぱりそんなもんはないんじゃないかとか。

チーズ先生の悪巧みなくして、ブログの内部会話は成り立たず。さも、歴史のように語られたりもする。

 

今日から10月。衣替えのお供にムシ☆ーダ。

 

(๑・㉨・๑)人類がやっている衣替えを、クマもしてみんとするなり。

ʕ•ᴥ•ʔ着ぐるみですか?クマ日記ですか?

(๑・㉨・๑)古文は素敵クマ❣