White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

言葉のアイアンマンと妖刀

ฅ•ω•ฅ色即是空の模索をするブログ。

 

テレビから流れるCMも、クリフマスのものが増えて早くも年越しを待ち遠しく思っています。この時期が一番楽しく過ごせます。働いていると大半のご職業がそれぞれに忙しい時期でもあり、楽しくはないかもしれません。帰り際、クリスマスを感じるライトアップやBGMに、私はハリーポッターのクリスマスを思い起こして好きなのかなと思います。ホグワーツは憧れです( ˶˙ᵕ˙˶ )

 

今回は「自分が素材のブログ?」について書こうと思いました。

 

 

ブログを読むきっかけと双方に派生するもの

これは、検索流入にあたる内容で知られます。続いて、SEO対策としても語られているものでブログを書くことのマニュアルと化している部分もあるようです。私は、このへんを知ってからもキチンとしたくないのは、検索システムに従うことも自分を崩すこともできないからだと思います。

SEOに合わせることがブログを書くことなのかと自問自答して自分が勝ってしまったこと、アクセスを追い求めることはたまに考えてみるのですが、需要と供給ですよね。

私は「人目を気にして書く日々の記録、物事の整理」としている初期からの自分のためという根っこにはなかなか勝らないようです。けれど、その間いろんなことにブログを通して挑戦したように思います。それが6年、自分でブログを書くことが好きな理由です。そのへんは話が派生しますので、まとめて別に記事を書きます。

苦手だったニュースへの関心を表すことは、自分の視野が限界であることにちゃんと気づけたし、一般人で収益化も考えられない人間にどこまで掘り下げて書くことが可能なのか。憶測を書いて、もっともらしくしてしまったらデマになる可能性だってある。信じた人に拡散されることだって懸念としてあるのは、Twitterだけではなくブログにも言えることで、あの鳥かごは恐ろしい魔法陣🔃そのもので、魔力が秘められているのです・・・。

ツイートやリプライなどの発信に、ワープ装置が仕掛けられていることを理解しているはずの利用者のひとりが、ある日標的となり炎上して騒動になろうとも、Twitterのアプリを更新する人はまるで中の人がいないのかと思うほどに静かですね。駐車場で見かける看板の注意書きのようです。発信に求められる責任って、相応のものが発生するのは当り前なことなのですが、それは時に重いですよね。

https://2.bp.blogspot.com/-FVusfI5tMoE/Vu0kQOFRjXI/AAAAAAAA4_4/aD7Uho4UFOYGK8nUiCjmeUiCy5XNrG2dw/s180-c/rakka_safety_net.png

セーフティーネットのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

インターネットは、当初の目的が何だったのか考えるきっかけに最適でした。

 

本や新聞から得られるものは「確かなもの」として根付いたものです。ここにも真実はないとしても、事実は書くことが許されている職業としての見方は強い。

言葉を安易に「指定できない理由」が答えでしょう。私はそれらを今はわからないもので「未知」と括りを用意して個人的に呼ぶことにし、パラダイムシフトを例にあげ、何らかの変化があった時など人それぞれの目的によるところが大きいと考えます。

「そのときの未知」は、時を挟めば別の名で表されたりもするものです。

 

ä¾ã®æ±ºéã®ã¤ã©ã¹ã

侍の決闘のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

私は、コミュニケーションでは避けるべき「暗にそう言っている」で、話を進めるのは好きではないので、使う際は陰口状態であることは用途に含まれ、隠語にあたる部分だと思います。これは文学的な表現だから伝わるものが多く、会話などで自分の言いたいことを言うための"便利な言葉"ではありません。時と場合によるところもありますが、公の場では言われないようつとめることも必要ですし、これを使う際は揉めるために使うようなものなので、本当に使用が限られており、禁じ手のごとく難易度の高さを誇るものだと思います。時代は違えど、刀を抜く覚悟や日本の歴史に見られる「失礼」を承知の上で、刀に手をかけるような一言と私は解釈します。

 

(๑・㉨・๑)鯉口を切るように、

ʕ•ᴥ•ʔ口火をきる。

ʚ( °(エ)° )ɞそれが、秘奥義"暗にそう言っている"。

 

マステ風ポイント

民衆という意味で一般的には、忠臣蔵にはなりにくく、物事の度合いや規模、人柄が大切であることを歴史を含めた日々から考えさせられます。

 

 検索ワードをメモる

それでは、いつかやろうと思って実践してみたこと。

 

●検索ワードを記録していく試み。

  • タンスの角 小指 ぶつけた。

(ぶつけてないけど、なんとなくぶつけた時の雄叫びを文章化したネットの遺跡を探して。)

 

おもしろくない(´•ω•`)

試みは、「検索履歴からも個人情報の特定」がある…?と記事投稿後脳裏にフッとよぎり、それさえもまた検索したら出てきたので、私の危機管理能力の至らなさということで、消しました。時既に時間切れ(笑)だったら、もう知らね。私が極短時間とはいえ、自ら素材を情報提供したのだから自己責任の類発動ですよね。もしもその技術回線をギュッと掴めたらバーストⅡしたい。゚(゚ ˙-˙ ゚ )゚。

 

詳細データは大半を記事から削除いたしましたが、数年前にこれを毎日つけてみたくて、8年くらい前に考えたことがありました。何を検索したか数日で忘れてしまうし、私は検索ワードが履歴として残ることが嫌で、3日も経てば無意識に消してしまうので今まで実現しませんでした。

毎日、人は何を知りたいと思うのか。

自分を素材にして、さすがに個人的なものも多いですから明かせるものに絞っての公開で、検索クエリと大差ないところではありますが、数日つけてみました。

その中でまとめてみようと思うことは、周知の事実(笑)

 

検索ワードの入力と目的

  • テレビを見ていて、メインの出演者に知らない人がいた。
  • ネットのニュース速報から。
  • 自分の調べ事の派生。
  • 会話の流れ。
  • 検索結果1ページめでいいや。

 

これらを考えると、話題の先読みや自身の興味ある出来事、知識や経験を先に書いておくことがどれだけ検索に有利なのかを思い知った件でした。大抵、専門家的なページやWikipediaで足りてしまうなと思う理由は、「知りたいこと」のレベルやランクなのかなと思いますね。日常にはそこまで詳しくは知る必要がなく、概要だけで十分なことも多くあります。

 

何をどこまで知りたいのかは、「興味」では済まない事態を招くこともマスコミを中心にわきまえろと、しばしば怒られております。

 

私は、「発想の転換」は発送の転換ではなく、物事の両替のようなものでお金というよりはプライスレスな人生の掟と考えます。

 

グラフやデータではなく、ただの文主体で申し訳ないです_:(´ω`」∠):_ 

 

☟嫌な言葉の使い道、使い方のイメージ。

 å¦åã®ã¤ã©ã¹ã

妖刀のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

ニュートンや嫌な忍者のイラストも使いたかったのですが、断念しました。

 

2018年11月14日。