White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

荒唐無稽~The grass grows.~

ฅ•ω•ฅ色即是空を心に重ねるブログ。

 

自分と向き合う機会には、心のダメージや傷跡に気づくことが多くあります。気づかないまま歩き続けていると、ある日足が動かなくなり、体が拒否反応を示すことがあります。私は、20歳頃に悩み始めて、それまでにもずっと抱えてきたものもあったことで、とうとうプツリと心の糸が切れたような感覚を学校に向かう途中で感じて、そのあとはどう帰ってきたのか覚えていません。連日悩んでいたことの方を多く思い出します。

 

この記事では「手持ち花火の心理」を書きます。

最近は記事を3日ほどかけて少しずつ書いていく方法なので、ズレや広がり方が異常なところはご了承ください(´•ω•`)私的な考え事の整理でもあるメモ感覚です。

引用や記事全体から印象に残ったものを提案されたものと思っていただけたらと思います。

 

 

understand?understood,underwood.

私は、事柄の当事者になることを極端に嫌がるようになりました。それは、誰だって巻き込まれたくないとか関わりたくないという現実回避に表れてくるもので、「当たり前」なことだと思います。この逆接はとても簡単で、子供でも作品から覚えて答えられるくらいに「単純明快なもの」です。

 

(๑・㉨・๑)「人が嫌がることを率先して引き受けることができる。」

ʕ•ᴥ•ʔとある世界ではグーフールーというモンスター*1がおり、その横にトコトコ歩いてくるゴブリン系モンスター*2の思い出に残る名シーンがあります。

 

世の中の当たり前に、立ち向かうと逆風が東西南北、上から下から斜めから吹きすさぶ。私は、直列回路の思考パターンはすごいと思いますが、並列の方が現実であり表と裏は常に背中合わせで立っているような状態です。視覚トリックを応用しても、何かの裏を見るのは簡単なことではないですね。見物客による、手品のタネ明かしにも一定のルールがあるというのは、よく知られたお話でしょう。

それでは、貴重な荘厳で厚みのある大地讃頌ルーペで見るファクトチェックを、歌のイメージをお借りする形で語りましょう。これは、細分化したら不条理や複雑性を物語ります。

混声合唱ということが前提です。

 è«ç¼é¡ãæã¤ã¯ãã®ã¤ã©ã¹ã

虫眼鏡を持つクマのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

大地讃頌のパートから発想の転換をすると…

  1. ソプラノ→ニュース番組の報道のみ
  2. アルト→ワイドショーなどの特集で詳細を語る
  3. テノール→関係者が持っている情報
  4. バス→当事者や専門家の意見の領域

 

歌の概要やどんな感じか歌える程度から、音程(パート)と共に掘り下げられていくものは事実から真実を召喚する魔法陣の効果を持ちます。バスをベースという英語からもわかりやすいものがあります。

これを下からやることもあれば、現在問題視されているパターンが「ソプラノに重ねているもの」です。

事実無根の音程をそれらしくうまく歌ったからといって、「この歌を知らない人」が多いことが、置き換えている事柄には多いのですから「それ」を大地讃頌とするということなのです。でっちあげやデタラメな歌を信じて人から人へ教えるということです…。

さらには、登場人物や関係者にさえなりすますって事態にまで及んでしまい、本当の大地讃頌を歌える者が歌い出したら、不協和音をお届けすることになります。それさえも「うまいこと」避けるなんて、専用の教育を受けなければ思い浮かばないジャンルです。

もはや大地讃頌が歌ではなく、舞台やライオンキングなどで知られる劇団が演じるミュージカルの域に到達し、卒業式などで歌うことで知られる大地讃頌の認識が「超有名なミュージカル!?」となってしまいます。

どんなことにも言えますが、この部分にはブログを主観で書くスタイルなのでおことわりを記します。詳しい方やその道の方には、もっと知識や概要が違う形でも知られる楽曲であることは、部分集合や専門性という枝分かれして派生したものとしています。

私は、調べた時にガラモンソングと同じ衝撃を受けました。偉大な音楽家が作ったのかと思うほど、歌に歴史を感じていたことやずっと歌われてきたものの日本語訳だから難しいのかと思っていました。「土の歌」としての大地讃頌はテーマに泣く理由もありました。

 

リツイートするだけで、する奴も悪いとされるのは戯れ言をデマに強化するように、人から人へビラ配りしている構図になるからですが、リツイートは魔法を使用しているようだと広く認知されなければ、いつまでも続く悪夢は終わらないし、そのうち目的もなくなり…。

 

大地讃頌を出す理由は、それがわかりやすいと私が感じてのものです。音楽の先生にもちゃんと教えてくれたことに感謝をして、お借りする形で「事実の証明」を難しくする理由や、関係者でもない人の関わり方の酷さを表すために書いています。

書くということは、自身への戒めとすることもあって、最後はシステムの崩壊から、入り乱れた会話や炎上をみんなで体験する「愉快なケンカ」を見てみたいなと思い描いて、ありがとうさようならTwitter

 

声域が表す範囲

関係者にあたる声としてわかりやすい説明がされていました。それは、バスにもあります。

 

テノールとは…

音色は、透明感のある明るい声が特徴である。裏声(ファルセット)は通常使用しない(ファルセットを常用するのがカウンターテナーである)。混声4部合唱ではソプラノと合わせて高声、アルトと合わせて内声とよばれる。

 

引用元

テノール - Wikipedia

 

こうしてそれぞれに軸を支えながら、明かされていくものと謎や背景はひとりで織り成すには専用の技術が必要で、それは編集技術などによるものではないかと思います。タネも仕掛けもモロバレな形になろうとも、可能ではあるというものの見方ですね。和音で話せる技術って、マナカナちゃんでさえ二人なので今は想像つかないです。

一騎当千のような声を持つってすごいことで、ひとり大地讃頌をするってそういうこと。

 

けれど、大地讃頌を全部自分でやるってどういうことか想像つきますか?

 

わかりにくい方には、バンドやオーケストラがひとりで有名な曲を演奏するというイメージで考えてみると、同じような景色が見えてくると思います。

 

私が言いたいのは、歌うことにおける超人的な能力の高さではなく、置き換えてみる心なので、そういうのが苦手な人類のスペシャリストが好みという方はこの文化や文明を心ゆくまで楽しんだらいいと思います(´•ω•`)

 ●私が抱いた、最恐の悪意のデマルーペを持つ者のイメージ

ããããµã¤ã¨ã³ãã£ã¹ãã®ã¤ã©ã¹ã

マッドサイエンティストのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

歴史的背景と恍惚する理由

一般人が当たり前に正義感を振りかざす行為には、時に新撰組百姓一揆大化の改新などと革命的な出来事を歴史上に残すこともあります。でも、本当にこれらが正義感からのものであったかは疑問を持つものも史実に既にあるのです。心をひとつにしやすい「大義名分」は他者に与えてはならない心のパスワードであり、家の鍵です。

正義感だと思っていたものは「他者からもたらされた大義名分だった」というのも、事が済んでから被害を目の当たりにして(…あっ。)と気づくだけでしょう。それほどまでに、トランス状態というのは古代から受け継がれる争いの火種で、人は怒りに共感しやすいとされていることからもつき動かされるものはセイギであり、正しい他人のための心って感じィー。これが「正義感の正体」です。

「義」とは貫くこともあるもので、義賊や重んじるなどと関連する用語は「行い(心や信念を表すこと)」に繋がっていきます。そして、「利」も欲望として並んで語られることもあります。

 

●義賊とは…(イギリスの歴史家エリック・ホブズボームさんより)

ホブズボームは、「義賊」の定義を2点に集約して定めた。

  • 権力者からみれば紛れもない犯罪者だが、民衆から「正義」を行ったイメージとされていること。
  • 民衆と必ず関わり合いをもっている賊であること。

ホブズボームによれば、この2点を兼ね備えていることが義賊の条件であった。

 

引用元

義賊 - Wikipedia

とても興味深いことが書かれているページでした。現代にも見られるような時代背景に、日本は時代の終わりを迎えるということをヒノモトの国であることや光として、私は「人」ではなく鳳凰になるのは自然であり、太陽であると考え、暗闇に昇る朝陽を見たいと思います。

私が抱く悪意のルーペを開発した者は、暗闇を作り出したことに気づかないのか、人形劇でも見ているのか…。

うまく生きていくことは、人の心理を握りつぶしてほくそ笑んでいるのに、多くの人に支持されることで、ウォリアーオブライトを苦しめていても人々は気づかず罵る様子を、一番悲しんでいるのに人々はそれを良しとする。なんだか、「自分を倒す者を待っている」とされるのは、本当はお互いが自分に一番悲しみを持ってくれる人だったのでは…と思ってしまう話も堂々巡りのようで、悲しみが雨を超えるって時には人を傷つけるんですよね。

 

私の悲しき悪役の記憶

私には、なんだか「ユニコ 魔法の島へ」という作品を思い起こさせました。見たのは子供の頃ですが、ラストに感動して泣いてしまった記憶があります。

ざっくりお話を説明すると、ある日悪い魔法使いによって人々が石の人形のような姿になり、行進しながらどこかひとつの場所に集められて、人柱のように何かを築き上げていくシーンとそれに立ち向かうカッコイイお兄さんが印象に残り、話が進むにつれて明かされるものは今の私に影響を与えたと思えますし、登場キャラクターすべてに魅力を感じられるお話です。

 

●厳選☆キャラクター紹介

チェリーの兄。魔法使いになるため3年前に家出、ククルックに弟子入りする。魔法の力で幸せになれると考えており、そのことで父親と対立している。

 

トルビーの師で、とても強く恐ろしい魔法使い。その正体は操り人形で昔、人形劇団の悪役だったが、使いものにならなくなり、人間に棄てられ地の果てに流れついた。ククルックの魔法は人間への恨みと憎しみが原動力。木馬曰く「ククルックの倒し方は知らないが、愛と勇気があれば魔法に勝てる」とのこと。

引用元

ユニコ - Wikipedia

 

ククルックは愛されたかった。

悪役といえど、人々の前で演じる人形として私の中ではFFのケフカが声優さんによってさらに愛されキャラになったように。「ありがとう。」と言われていたら、大切に保管されていたら。彼は原動力にしなかったのではないだろうか。人が好きだったはずの生き方を私のように人嫌いにさせるのは、「人々」以外にいません。それを正体は「嘘」だなんだと言い逃れすることが無様だと、私は思います。嘘が嘘を言うのでしょうか?嘘は、人が言葉にしたり表現することで、「嘘そのもの」が存在するとは、私は考えて生きてこなかったですね。

代名詞でさえ、人生には「人間(一部の同級生より選出)」です。

 

言葉による正義感は、強いのでしょうか?

 

昨今は、本当にそういった指揮のとり方が上手い方をTwitterやブログでも見かけることがあります。それは、学生時代からの教訓にある「逆らえない何か」であり、守ろうとしても「なぜか救えない理由」が存在している不条理です。

 

まとめる

雑な正義感より、複雑な正義が描かれる時代。

物事を簡単に理解してしまうことは、ひとりでソプラノパートを1曲歌いきること。しかし、人によってはアルトやテノールを共に歌うことが可能で、混声合唱で完成された大地讃頌を歌うということは当事者や専門家の分析が必要とされます

複雑な事情を簡単に説明するという相反した手法は、無理難題です。バス(ベース)のみってソプラノのように歌の雰囲気がちゃんと伝わるでしょうか?それを望む当事者は事実こそ叩く者が多いことから、なかなか手をあげられない状態で生きています。理由はなぜか信じるには不明な点があること、事実なのにフェイクやデマよりも鵜呑みにしてもらえない不思議な当たり前があります。その悲しみは海よりも深いです。そこには説明が大変な「業(ごう)」も見え隠れします。それは組み立てていくと、実は「義と利」にもあり、「義」の説明や証明も大変なものであることを知り、儒教が私の考えるものに近いものでした。

日本では漢字の読みで主流なのは「ワザ」や「ギョウ」としているので、業火とか非業と重ねることで耳にしたことがあるものへと進化すると思います。

 

私は、そういったものが学生時代の近い距離にいた友人からの叩きがメイン(主にスマホブーム到来前)だったので、信頼は早々にバルスされたような人生です。祭りとはよく言ったもので、私の人生を飛行石にした「バルス祭り」でした(˙◁˙)別名:人間関係イオナズン

 

(๑・㉨・๑)想像以上に現実はふざけてるよ。それが嘲笑の間欠泉クマ。

ʕ•ᴥ•ʔ掘り当てたんスカ?MY雑巾はどうしたんですか?めっちゃ探してたじゃないですか。牛乳拭いたやつ。

 

(´・∀・`)徳川くんの私の雑巾どこですか?

 

こうしてチーズは、他人のものを平然と「私の」と言って届け出が出せる精神を養っているのでしたー。🐶<今日のチーズ?(チーズ違い)

 

幻のクマさんず 館内放送(想像の域)

ネットで知られる「悪意のメガネ」とセット販売なのかなーと思う「嘲笑ヒゲ」は、さすがいらすとやさん!と思える表現に。

ãã©ããã­ããã¹ã使ã人ã®ã¤ã©ã¹ã

フォトプロップスを使う人のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

本当は、これらをつけた「自分を」笑うというもので、他者からも公開状態などでは笑われるという構図で楽しいという「(笑)」があるはずです。残念なことに、他者の自分へのまなざしと他の人への賞賛を綺麗に取り替えてしまうドラえもんの道具でも持っているのか、すべてを他人への矢印として使用する方もいるのが、「ヒビのみんな」の哀ですね…。

 

すべてが真逆な人間も、いるけれど理由や思考パターンは未知なんですよね。パラダイムシフトはそこにないのにね。

人類の歴史に「悲しみ」だけは歴史が物語る。悲しみだけは、基本がそんなに変わることはないと思います。この時代の私たちの悲しみが、はるか昔の人々や動物たちにはまるで理解されないなんて、あるのでしょうか。そこは、いつの日も単純であってほしいと願います。

ものが溢れても、本当に必要なものは目に見える形で手に入らないものだった。大地讃頌ルーペは現実には存在しません。自身の心にルーモスすることが大切です。他人の心は燃やすことは容易くとも、照らすことはできません。

 

言葉にできないのは、思いがあふれて涙が流れるからですね。

 

(๑・㉨・๑)カナリア/ゆずはそういう歌。

ʕ•ᴥ•ʔ埋まらなかったフレーズは、翼を信じてと英訳で記しました。

 

私の描いたカナリアは、ゆずの歌声で翼を信じて最後に飛び立ちます。

 

(´・∀・`)The bird flew towards you.

 

2018年11月17日。

 

*1:フォォォオ…。Gurfurlur the Menacing/FF11用語辞典

*2:ポジティブな意味で嫌いwだった名キャラ。Megomak/FF11用語辞典