White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

2018年のドンチョウ。

ฅ•ω•ฅ色即是空

 

まもなく、2018年も終わります。

思ってたことを書き忘れていたかも!と思い、同日の日付で記事を新たに書きます。

それを、今年を締めくくる挨拶を含めたものにしよう!と思ったことと、あとはテンションと心身ともに元気な日ということがあります✧ ( °∀° )/ ✧

 

この記事は「やっぱりお城はカッコイイ!」です。

 

アカウントはお城か!?

たまたまテレビでやっていた城の番組を見て、イイなぁ…いいいいなぁぁぁぁ!!と思ってしまう、守りの術。松江城が私好みでした。あとは、秘密基地のようなお城とか。上田城も訪れたことがあったので、自分の目で見た景色の良さが印象的で、当時は川が流れていたと思えばさらに歴史ロマン!でした。築城の知識は共有されてなかった、城を作る技術も見られていた…あとから専門家としてそこを見たのかもしれませんが、アカウントや今後のネットに活かしていく知識だ!と思いました。

似たような形をしている方もいることから、城攻めしてる感覚なのかなと思ったりもします。ふと、Twitterを見ていると「弱小アカウント」と言われるものに、私のアカウントは見事なハマり具合で、犯人の決め手とはこういうハマり具合からなんだろうと近いものを同時に探してみたりもしました。

フォロワー数が見えるから、そのまんまゲーム要素を持たせれば勢力を表していたり、強さなんだなと思えます。私は無双における、メキメキ強くなっていくempiresスタイルじゃあ!と大将としての鼓舞をセルフで行う孤立した猪武者です。

 

◆empires…?

 

自分で書いといて、公式サイトのイメージやコンセプトに鳥肌(´°д°`)

失礼な人は、いろんなタイミングで晒しあげをされ続けていますが、そのセンスは本当に脱帽するほどの言葉を練り上げています。あなたの本性暴きます!って掲げてる人には、戦国なら風林火山!ですよね。その旗が見えたらヤバいみたいな。武勇の証です。

 

暴くってフォロワーに…?

こっちのアカウントの方がいい!って言ってほしい…?

 

そこに、寝起きで考えていた、昔懐かし友達は勢力図を見れます。それでは、辿ってみましょう。ソォーレ!

 

⏬雑草地帯への誘い。

 

それは、私が小学生の頃でした。

私は、今と違って言いたいこともまとめられない、口が達者の真逆に位置する悔しくて泣く戦法を選ぶしかなかった人間でした。何も言い返せず、火のついた手持ち花火のように家でも外でもワーワー泣いておりました…。

気づけば泣くことに嫌気がさし、口論を主に仲の悪かった家族(普通自身のものを指し、同級生にも認識されているもの)で鍛え上げ、それはただの反抗期として処理をされ、今もほくそ笑んでいるものです。この点は、口喧嘩なんて基本的には罵り合いにしかならず、登場キャラクターが全部目くそ鼻くそにしかならないと思って、失うもののでかさとして、ゴングと共に覚悟して挑んでるのに片方は結果として得られるものに魅力を見出したかのように、周りの目なんて気にして判定は…!?と何かを気にする素振りを見せたりもします。これは、私が好きな思い出の漫画における「審判のしんちゃん」に聞くって、未来では口喧嘩はオリンピック競技なのでしょうか。その漫画では、世界一の魔法使いを決める戦いに発展してしまいましたが。

 

(๑・㉨・๑)世界一の口喧嘩王…。

ʕ•ᴥ•ʔ喧嘩百段!が好きな師匠です。

ʚ( °(エ)° )ɞ気が合いそうなのは、秋雨先生です。

あれを見ながら、現実逃避と称してスクリューパンチを目指してみたものです。わりとリアルなのかも…と記憶には残しておきました。

 

さて、問題の友達勢力図ですが。

小学生の頃というのは、いろんなことが露呈するような日常があけっぴろげ大公開状態の人間関係で、お前のハート☆オープン!(ダウンタウンの浜ちゃん風)ですから。これが許されてる高校生くらいまでに学ぶものは、大人になったら微笑ましいのぅ…それがしは小学生の頃のものじゃったー。となるのですが、マレにまだお前そこか!と怒りたくなる瞬間冷凍になる人も混在している、この世(笑)

子供の時にでも怒られるのに、それを大人になってからやるというのは、子供の時の方が頭良かったんじゃない?と言われるような件になるんでしょうね。大人になってもでは、そうは言われないですから。他人の子供の時のことを大人になってからを無視するために「あーだったじゃん!こうだったじゃん!」と言えるのは、そのときなら自分は言われないからかなぁと同級生を見て無言になります。なんか、よかったね…ボロが出ない小学生時代過ごせて…拙者は何も言えないでござるってなります。でも、外部から見てその発言や構図どうでしょうね。

小学生の時に済ませておくことは、基本的に誰かを不快にさせる発言や行動でしょう。そのときに、許されざる呪文を知るんですよ。絶対にいってはいけない言葉は、友人関係の滅びのまじない。さらに、笑ってはいけないことだって学ぶんですよ。心で笑いながら、突然母となって「人間だもの。それは仕方ない。」と言うんです。

 

私が体験したものをまとめましょう。

地元の遊び場に行くのに、道のりが交通量の多いところとして知られている場所だったので、親が送ってくれることに。私と友人は喜び、その場所で夕方頃まで遊び倒す。

けれど、ここで勢力図を見ることに

 

(๑・㉨・๑)ミミタロウと来たから、楽しい!

ʕ•ᴥ•ʔありがとね、送ってくれて!ってクマオトンとクマオカンに言っといて。

 

(´・∀・`)シャウト失礼します。これから、私の家でゲーム大会する人ー?お菓子もいっぱいあるよ!

 

ʕ•ᴥ•ʔミミタロウ、お姉ちゃんの友達設定のあの人のところに行くー!クマたんは連れてかないから、ひとりで勝手に帰れば?

※最も辛かったのが、実は行動よりもお前はいらない‪wとポイ捨てるような発言だった。

この部分なんですが、よくそんないらんこと言うのに知恵フル絞りすんなと思ったことを覚えています。言い方ってありますよね。

謝っても、ちょっとその行動ってどうなんだろって思うし(笑)

 

さらに辛かったのが帰宅時で、また親に公衆電話から連絡をし、迎えに来てもらうことになった時のことでした。

 

<ミミタロウちゃんは?どこ?トイレ?

 

(๑・㉨・๑)…ミミタロウは、来ない。だから、うちらだけで帰っていい。

※ひとりでと書いてますが、実は兄弟も一緒に来ていたのです(笑)

 

<ええ!?なに、ケンカしたの?仲直りしないの?何なの?

 

(๑・㉨・๑)いいんだよ!帰るの!

 

そんなやりとりをしていると、兄弟はリアルタイムで何を言われ、どう展開したのかも一部始終を知っていたので、口を開いて説明をしました。肝心なところは、自分で言えと促されましたが。

 

(๑・㉨・๑)…別の友達のところに遊びに行くんだって!私は連れて行けないから勝手に帰ればって言われたの!それがすごいムカついたの!謝っても許さない!

ここを話すのに、当時泣きながら車の中で怒鳴っていたことを覚えています。

 

親は、その友人の行動や発言に問題があると判断し、私の人生でもマレに見るタイミングの良さで、本人が遊んでいた場所から出てきました。

そのときの家族の対応にスッキリした記憶となっていますが、どっちも性格悪めであることは変わりません(笑)余計仲悪くなるようなものだったと思いますが、後日談があり、誘われていった家は何かの勧誘をされたとかで、思っていたのと違ったと向こうが反省を述べる形でふつうに友人関係は戻りました。

 

(๑・㉨・๑)そんだけ私に学校の友人関係がなかったんだクマ‪w

ʕ•ᴥ•ʔ私の小学生時代は、ふしぎな人々による摩訶不思議勧誘が度々情報として飛び交うことがあったので、友人役として演じる形ではありましたが、多くの感謝を持つひとりでもあります。

 

それにしても、変だったとは思っていますし、あの時の私の涙や心に傷がついた感じは、忘れないですね。それは、私もどこかで誰かにそうやってきたことで、過去を水に流せず、そのときから周りも含めて覆水盆に返らずをやりまくってきたと思っています。

人生経験は、他人の悪いことばかりを言ってられないよねというのは、精神論です。

 

大人になって、友達勢力図をやるって最低すぎるのですが、損得勘定と言われるものでしょう。私がそれを戦国に重ねたのは大学時代で、なんと退学届に学長さんに向けて理由を書くのに、「戦国時代のように友人関係を築いていかなければ、何か揉めた時にはあっさり負けるということがわかりました。」と書いたほどでした。

大学での私の甘さは、今後クマゴロウが背負って表すと思います。

 

(๑・㉨・๑)あの鐘を〜鳴らすのはあなーたー

ʕ•ᴥ•ʔ街は今〜眠の中。あの鐘を〜

(๑・㉨・๑)人ʕ•ᴥ•ʔ鳴らすのは、あなたーーー…

 

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/GONG_(JAM_Projectの曲)

 

ʚ( °(エ)° )ɞこのブログは、今さらながらフィックションです。やだよね、あの素晴らしい同級生をもう一度とか。ホントに鐘鳴らすのは、どなたになっちゃいますよ〜。

会ったら、ふつうに話すんだモーン。

 

心の中は煮えたぎってるだけで、そんな人たくさんおるやーん。それがわからないのは、し・あ・わ・せ❣

あなたが幸せだから、手を叩こ♪

ほら、みんなで手を叩こ。

 

煮えたぎらせてる側か、それとも具材か!

時は平成、世は大晦日

 

今年もお世話になりました。

来年は、益々の御法度ならぬ、ご発展を心がけてまいります。

このブログを読んでしまった方に、ご多幸をお祈り申し上げます。

 

よいお年を〜(๑・㉨・๑)ノシ ʕ•ᴥ•ʔノシ

 

 

2018年12月31日。