White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

柔らかくお断りするもの

ฅ•ω•ฅ色即是空に感謝カンゲキ雨ブログ。

 

昨夜は、ブログ更新後のいつもの「見え方の手直し」をヘアメイクさん的に終えたあと、何気なくあるキーワードの記憶と証拠写真の確認をしようと、卒アルを見てみたのです。

卒業文集にも、それぞれに人柄があり、新たにわかったことは本当に隠されたものは普段見せないようなものでした。書くことで、そういうことを小学校の6年間で可能にする教育であったことは、個別に流す涙や怒られることにあったのだと思いました。

 

そのあるキーワードに、「思い出として」隠された印象的なものがあり、私にはフォルダ名くらいにハッキリと残っていたものなのです。そこにたまたま重なりを見せてしまったものはとある全国放送のフレーズで、いろんな言葉を生んだと聞きます。

それとは別のものでも、私たちと同じような「重なるもの」があるとわかる人には感じていただけたらなと思います。

人それぞれにあるものって、一番大切にしていく心の欠片で、心のパズルは生涯かけてやるものです。邪魔されると腹立ちますよね。

 

この記事では「パーソナルの本当の意味」を書きます。

 

パーソナルって…何?パラソル?

小学生時代を思えば、傘もイロトリドリ。

盗まれるなんて考えもしなかったのに。高校時代にコンビニの傘デビューして以来、盗まれまくっては猛獣のような心の雄叫びをあげていたものです。

そんな時に、人間関係で近すぎる距離にいると、この雄叫びの日本語Ver.をガッデム!されることになり、みんな引き気味に「…うん。ヤダヨネ…ヤダヨ!とられたら!!」と、なだめてくれてとられたら違いな人とはエラい違い。

🐟<撮られても盗られても嫌。でも、捕られるのは好き…?

 

(๑・㉨・๑)あっ、タ☆ノくん。

ʕ•ᴥ•ʔおひさしブリーフ&トランクス

ʚ( °(エ)° )ɞ♪さぁ、書き手が寝たからなーんでもやりたい放題よ〜何を使用?

 

Personalって?

1 一個人に関するさま。個人的。私的。「パーソナルな問題」
2 他の語の上に付いて、個人用の、小型で手軽な、などの意を表す。「パーソナルテレビ」「パーソナル版」

 

引用元

personal(パーソナル)の意味 - goo国語辞書

 

パーソナルコンピュータが、パソコン。

パーソナルカラーは、パソカラ?

パーソナルスペースはパソスペ!?

 

◆聞いたことある略してるのに合成言語

  1. パソコン(PC)

 

スペースは、もしや宇宙?

それぞれの宇宙?

過去記事でいらすとやさんからお借りしたものを貼ったことがありましたが、エリアやサークル的なイメージ。もっと考えていくと、爆風などの範囲みたいです。

 

さらに、パーソナルとオリジナルは似ている。

英語の「単語的に似てる」…。

 

(๑・㉨・๑)パーソナルシスト。

ʕ•ᴥ•ʔ訳:個人的に自分大好き!

 

オリジナルは、和製英語だった。

ユニークと並べてその使い分けを学ぶ。こういった、日本語のカタカナはローマ字と同じように読みやすさがあり、独特な雰囲気をかもしだす。かもしだすは、「かもしれないだす(でやんす)。」のような訳され方をされたら、ビックリなネットで好まれやすい傾向にある特徴的な言い回しに見える。日常生活ではそれだけで(笑)の草が生えてしまう表現です。たぶん、この時代のいとをかし。

スモークたかれた演出効果がありますよねっていう、香ってくるとか煙がカッコよく青紫にデュナミスしてる感じ。実は、そこには見えないスタッフたちによる、操作や手動が隠されているのを表したような絵を描きました。

 

ʚ( °(エ)° )ɞ今のネットをOK!バルシィ。

f:id:hanakonekono:20190106210410j:image

 

いろいろ置いてみましたが、足りないと思うほど狭くなってしまい、書き手の感想は「騒がしい」でした。

必要なところは絞って、ブログでの説明用に加工してあります。それ以外は自由ではなく、人に迷惑かけないような解釈で個人的にお楽しみください。仮想敵作るタイプは、もはやネットはなんて相性の悪い…なのにバッツグンの良さにとられてしまうほど危険なものの見方です。あれもこれも気に入らないでは、赤い矢印の注目ポイント☆カゴを倒した設定にしてる、ズカズカ歩いていく人になってしまいます。

 

それでは書き手の意図をIT'S SHOWTIME!

  1. Aの字体がカッコイイ!
  2. Qって何なの?
  3. 数字は何を表してるの?
  4. Pは何?
  5. 悲しみって何?
  6. なんでカツラかぶってるの?
  7. てゆーか何これ(笑)

 

Aは答えを表します。

指をさしている人でもあり、実はこの絵には下絵があり、愛を撒く人だったのです。画力のなさで、本来の主役は棒人間になってしまいましたが。それさえも隠す、影の濃い設定の人々の存在感!あのへんだけ、写真を撮っているのでポーズを決めています。

 

そこに隠されてしまうのは、誰でしょうか?

悲しみを秘めていますが、そもそも絵の主役を隠していることにも注目です。

「あの…ちょっと…その、ごめんなさい。」というセリフが用意されていたりもします。愛を撒く人は、「ぼーっとしてました。」と言うでしょう。

 

次に、その状態でQを見てみましょう。

さっき注目させた地点よりも、一応設定上、手前でポーズをとっています。これは、ハッシュタグキラキラ女子にあたるような人をイメージしてみました。

Qはクイズを表しています。

それぞれに、影の濃い人よりは薄く見えるけれど…というポジションにいる人をポジティブに置いておきましょう。

 

数字の人は、2と書いてあります。

これは、私の数学における「万能な答え」を意味し、答えは合ってるけど式は?と聞かれてわかりませんと答えるポジションです。次に3と1、続いて5や4などが控えていますが答えはルートや分数の世界だったりもします。

ついでに、数学の成績も表しています

答えは合ってるというのは、先生から「鉛筆を転がしてるのと一緒!」と言われる、世代的な表現があり、学校のテストでギャンブル精神を披露する人のことです。

大人になったら忘れ去っていた奴「偏差値さん」のお話は嫌われやすいのですが、たまに便利なネズミ返しになるかも!と思う数値化ですので、また使うことにしています。

偏差値40〜の、答えは合ってるけど成績は2のポジションも嫌ですよね。好んでやってる人はそういうこととされてもしょうがない情報量のなさ!シンプルイズベストで、安易に「2」と言ってもコナンくんは首を縦には振りません。

 

ʕ•ᴥ•ʔおかしぃー…。犯人はやっぱりあの人だ。わからねぇ。アレがどーなってこーなったのかが!

(๑・㉨・๑)…2だよ。答えは2だクマ。何を迷っているのだ、2と言ってしまいなさいクマ?

ʚ( °(エ)° )ɞ式を完成させましょう!

 

Pは、点Pなので動きます。

棒人間が見えなくなってしまいそうだったので、目印にこれは何だと思われそうなものとして花を飾ってあるのです。そんだけ。

大草原の点Pを求めるのは、アドレスはー?草生えるドットコムー!しなきゃいけないので、最近は宣伝も兼ねてブログの看板を埋め込んだりもします。落書きだしなぁと思うものは、気分で入れたり書かなかったり。

下絵や加工段階のものがあるのは、そのためです。

 

(๑・㉨・๑)悲しみって何?

まるで、私の描いた創作カテゴリーに登場する「幸せとクソ」のコロボックルのようです。辛いツラい涙が流れていくものと考えましょう。隠されてしまうものとか。

それが、今の世の中で最も必要な「真実の共有」になっていくのだと思います。

 

じゃあ、今までは何をどうしてたのか。

 

その答えも、喜怒哀楽にあります。

じゃあ…と、最後にハテナをつけて何かを言いたい時の約束事にしたいのは、自問自答して、自分なりに答えをひとつは持ってから他人にモノを言うスタイルの徹底です。

いつも、他人に聞いてばっかりでは好き勝手にモノを言うだけの、コミュニケーションなのに他人を壁にしている「気持ちの壁打ち」と変わらないのです。私は、これが嫌いです。【疑惑のボレー】

 

聞けばわかる、聞いた方が早いのはわからないものやそれが多い分野にだけで、私には主に犯罪心理学の領域です。それ以外で、ボレーする感覚で疑問を反抗心に任せてぶつけるものは「ネットの使い方」に、ついでにさりげなく関わり方も見られてしまいます。調べればわかること、あっさり解決できることはみんながそれぞれに、日々自習してるのと変わりません。それを怠る人や何かの教科書のようにしてしまう人は、嫌いレベルが上がり、漢字も変わり果てて、機雷に思えてきます。

 

たまに、調べ方がなぜかヘタクソな人がいるのは、どこに置いてあるか普段管理してる人や置いた人が自分ではない場合の、一般的には実家で「アレどこー?」してる状態です。

 

普段使ってきてないとわかりませんね。

そして、「探し方がホントにヘタクソなんだから!ここにあるじゃない!すぐ見えるところよ!?どこに目ついてんの!」と言われるところまでが定番です。

 

(☝ ՞ਊ ՞)☝ココぉーっ!!

 

こんなんやって怒られるのもよくありますけど、あれば嬉しいしたまに「あれぇ?ないー。ここに〜…あっ!あった!」とか、ないから買ってくると言われることもある分岐ですね。私が聞いたことがあるのはどうでもいいやつばっかりで、基本は自分で買いに行ってしまうし、ほとんど急ぎではないですから。

 

便利なコマンドまであるそうですが、そこまでは使いこなそうとしてないので、必要だと思った時に覚えようとしています。

 

最後に、カツラとコレ何?です。

カツラは被せてみたかったから。

何なの?の答えは、合成で描いた「本当に恐ろしい世界の見え方」です。

 

まとめる

全部書くのも、ちゃんとっていうのも、全部自分のためから離されたものになってしまいましたので、イラストがすべてであり、自由を否定するための解説はしましたが、見てゾッとするのが「答え」です。

 

自分がバカみたいに思えてしまうのが、メビウスFFの涙「この世界は雑なんだ。」というセリフで救われます。

 

丁寧って言葉ならなめられやすいし、人なら吸収されまくるのかなと思います。私は、モンハン式になると、無言キャラなので基本的に話さないし何も教えることのないキャラで快適だとしていました。アレほど気の合う人という存在が光るものはないでしょう。

謎の距離感と蛇足のマネっ子も、「混ぜるな危険!」を思わせますので、避けます。

 

見よう見まねの危険性は、本当のパーソナル(デンジャラス)ゾーンなのでしょうね。

 

 

2019年1月7日。