A White Rainbow

創作をする人の日常と考え事の壺。

◆カテゴリー表示の際、記事タイトルクリックで全文表示されます。

備えあれば、

暑すぎて眠い(:3_ヽ)_


私は、考え事をする余裕が持てるようになりました。

そして、また答えを見つけました。


私は、数年前に警察の方にお話を聞いてもらう機会がありました。
それは、やはり良いものではありませんでしたが、とても気が晴れた記憶となっています。


その前後、テレビで見たものに、女性警察官の方が、追っていた犯人の男に顔を殴られながらも必死に確保しようとしたという、女なら辛いエピソードがあります。


私は、男の方と一緒に働くというのは、大変ですよねと聞きました。

すると、男性警察官の方は、「いや、同じ扱いをしていますよ。」と教えてくれました。

女性警察官の方は、じっと聞いてくれていたと思います。

私は、考え方も力もやっぱり違いますからと続けましたが、あまりそういうことは関係ないですよと言われました。


私の考えは変わっていませんが、とてもタメになる言葉だったなぁと、今になって思います。


女性が家庭的と言われるように、もともと備わっている能力があります。
基本的に備わっているんです。
好んでやるかやらないかだけです。


ということは、男性は太古では狩りですが、それは今では仕事ということになります。
仕事をするということに対して、男性は備わっているものがあるのかなと思いました。


こうなると、中性的、違う立場にたてるという、現代の流れを踏まえても、大半の人はお互いの考えていることが、100%理解できないんじゃないかという結論に至りました。

100%理解なんて、なかなかできることではないけれど、仕事、家庭となった時に、確実に亀裂を生む、ことに繋がっていくのかもしれません。


お互いの考えていることがズレ始めているのに、お互いが気づかずに、どんどん逸れていく。


決定的って、人間関係においては時に、しんどいですね。


それが、仕事なら尚更。
100はいかなくても、いいなんてことはないでしょうから。
仕事は完璧ではなく、8割できればいいんだよという言葉に救われた日もありましたが、相手の言ってることが、いっつも8割の理解では、相手がそのうち疲れてくると思います(笑)


相手は、100やってほしいのに、伝わってるのはいつも8割なんですから。

特別な何かを除いてです。
普通は、ということを述べてます。


考え方の違いも、基本的備わっているものなのでしょうね。

それは、国にもあると思います( ˙ᵕ˙ )

だから、国際結婚などは大変なんですね。


働くということ、結婚するということを男女は備わっているものの違いから、衝突をできるだけ避けたいとか、妥協するとか、いろいろうまくやっていく方法を考えているのでしょう。


考えられないほどに無理な時に、待っているものが、厄ですかね(笑)


(´∀`)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑参加してます (・ω・)ノ*。.・°*


広告を非表示にする