White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

大事な心

七年前に書いていたノートに、私は今回のことを表すように書いていたものがありました。

それを、書かせていただこうと思います。


思いを吐き出すのも大事。
後で読み返して笑ったり泣いたり、何コレ!?と思ったらそのページは破ってもいい。
残しておく時は、カギをかけて深〜い場所にしまいましょう。
誰かに、心の内を見られてしまうことは、とても恐ろしいことです。
でも、わかってくれる人だったら、涙が止まらなくなるくらいの幸せを感じられるでしょう。



たまに、読み返していた一番最初のノートに書いてあります。

当時は、SNSをやっておらずガラケーだったので、私はこれをSNSでなく、自分の病気にあてはめてしまいました。


こうして、時を超えて、今私の心に深く響きました。
この時すでに教えてもらっていたのになぁと思うと、とても今の自分に残念な思いでいっぱいです。

毎日読み返していたら、何かに迷っていたら、このノートを見て頑張れるように、残していたのに。

たくさんの方からの言葉が、ノートから届いてきました。
書いてあったんですね。


わかっていても納得できない、けどその日は必ずやってきます。ただそれを信じていましょう。

泣きたい時は泣こう。

自分の汚い所は、フタをしておきましょう。

失言は誰にだってある。

誰にだって知られたくない、ふみいってほしくない所があるような気がします。
ない人もいるかもしれません。
そんな人に出会えたら、その人は強く、そしてとても器が大きい素敵な人です。
大切にしましょう。
自分も。
これから出会う人のためにも。


これが書けてたのに、崩れ去ってしまったんですね。
SNSって、何か魔物がいそうですよね…。


深い反省と、自分の頭の中の何かに気づいて、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。


よくわかってもいないのに、使い始めてはいけなかったもの、SNS

結構、いろいろありますよね…。


夢中になってしまうほどの何かを感じる分、今はとても怖く感じています。

私は、2012年にブログを開始するまでに、これを恐れていたんだなと思いました。

SNSは怖い。

一度飛んでしまったハードルは、どんどん低くなっていってしまった。
やがて、変わっていく自分に気づいても、もう既にそこにはSNSの中にひそむ、もうひとりの自分がいて、投稿を繰り返してしまいました。


度重なる、頭の中の闇。
悪夢を見ているかのような頭の中身。
だいぶ、こらえ続けて、ふと原点に気づけました。

そこで、新たに気づいたことがあります。

私は、失礼な自己満を、公開していたんだなということです。


読んでいただいた方、本当にありがとうございます。