A White Rainbow

創作をする人の日常と考え事の壺。

◆カテゴリー表示の際、記事タイトルクリックで全文表示されます。

魔法のちから

リネージュ2スマホでやってみてる。
久しぶりに、ファンタジーの世界に行きたくなって(笑)

基本的に、見てるだけ(´・ω・`)

もうちょっと、操作性があると思っていただけに、これをパソコンやプレステでやってたら、どハマりしただろうなぁと思った。

本当にハマったのは、ヴァナ・ディールでよかったかも。
究極ファンタジーだし、やっぱりすごいと思ってる。



私、ずっとハリーポッターを見て悲しくなってた魔法があった。

エクスペクトパトローナム。

幸せの記憶を使って、唱えるんだって言ってたと思うから。ルーピン先生かな…?

私にはこれは唱えられないなって、知った時からずっと思ってた。

魔法が大好きなだけに、すごく泣いた。


私、大学辞めたくなった時、知り合いにホグワーツ行く!とか言っちゃうくらい、もう現実嫌だった(笑)
それは、さすがにジョーダンで言ってたけどね。
まだ、少し元気でまともな頭してたからね(´ω`)

19、20歳くらいかな。


魔法なら、頑張れたって思ってる(笑)


リディクラスが偉大な魔法で、私が好きなのは実はウィンガーディアムレビオーサ。
羽浮かす魔法だけど、あれはいい。
一番魔法らしい!

でも、人知れず熱心に覚えたのは、きっと攻撃魔法でしょう。
次に、防御魔法を覚え、攻守ともにバランスをとったと考えます(笑)
戦う気まんまんですね!

ヴォルデモートは、私の中の闇を連れ去ってくれてるので、感謝するべき悪役になりました。
これは、夢の中で、おそらくFF11のデュナミスという世界に似ていたので、わからないと思います。

決闘のお辞儀のシーンを再現してくれてました。
そして、私の敵に息絶えよ!と唱えてくれました。
その後、そいつごと連れ去ってくれたのです。
すごい光景で、泣きました。
いい人でした( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

そこから、悪役は役にすぎないんだと知ったんです。
演じてるだけで、本当は正義のためにその強大な力を使ってくれたら、こんなにも心強いんだって、知りました。
だから、感謝から泣きます。

それを見たのも、もう5年以上前。
未だに忘れぬ、夢の世界。
夢幻と呼んだりもします。


ここまできて、ある時私は気づきました。

ヴァナ・ディールとかをメインにすれば、私にもエクスペクトパトローナムができるかもしれない。

これは、感動でした( ˙ᵕ˙ )

実際にできなくていいんです。
ただ、できないと思ってた魔法が、今ならできるかも!って思える感動って、ものすごいです。

頭でやる。それは、心の闇を照らせる。

私は、エクスペクトパトローナムしました。


たくさんの、守護霊。

日本語訳、守護霊よ、来たれ!なんですよね。


八百万の神かも?(笑)
言い過ぎꉂ(ˊᗜˋ*)


けど、すごい魔法だって、わかります。
わたしを守る為に、光に姿を借りて現れてくれるんだから。
莫大なMP使いそう(笑)
恐怖や死の間際には、精神力で自分を支えて、戦うということを教えてるんですね〜きっと!

それを表す名シーン。
アズカバンより。

ディメンターに襲われる、シリウスとハリー。
助けたのは、牡鹿であり、それはハリーの父のものとされていた。はず。

けれど、時を遡った時にわかる真実がある。


それは、自分が呼んだものだった。
この時の名台詞は、響く。

「できるってわかってた!だって、僕は確かに見たんだから。あれは、僕だったんだ!!」

こんな感じのニュアンスで、ハリーが叫びます。

シリウスと自分を助けたのは、未来から時を遡ってきた自分だった。

できる!って、信じることがどれほどこの魔法に必要なことか、わかるシーンだと思います。


エクスペクトパトローナムに、一番必要なものは、恐怖に打ち勝つ、信じる心の強さにあり、それを手っ取り早く手助けするのが、幸せの記憶なんだね!

これがないって、私は気の強さだけで呼びそうだった(笑)

信じるものが、私の勝利!
これも、ある意味心の強さ(笑)


そんな私がイメージした、守護霊のひとり。

ティラノサウルスꉂ(ˊᗜˋ*)

レックスって呼ぶ。



得意な魔法は、リディクラスかな°ʚ(*´꒳`*)ɞ°.

VSゴキブリか…。


えー…ロンの精神力分けてほしい(笑)

トラウマを呼び出す道具っていうのがなぁ。


やっぱり、ハリーと同じでエクスペクトパトローナム覚えてなきゃ勝てないなぁ。


結局、ふたりでルーピン先生に弟子入りだ。


こっそり、私が好きな名シーン。
ルーモスの灯りを手を軽く振って消すスネイプ先生👏( ˊᵕˋ )


実は、ハリーポッターって心の闇と戦えるようになる作品だと、私は思ってて。
私的な解釈になりますが、ハリーが見てる悪夢。
あれ、統合失調症、もしくはPTSDを表してるのかなって少し考えたんです。

解離性人格障害とか。

ここで、ダンブルドア先生からの名台詞。

「ヤツとどれほど似ているかではない。どれだけ違うかを考えるのじゃ。」


これ、すごいですよね!
人を励ます時に、なかなか言えない。

自分を苦しめてきたヤツに入られる感覚があって、飲み込まれそうな苦しみもがく姿に、これは本物の魔法だよって思う。


アイツみたいにはなりたくないな。
そう思った時、既に近づいてて、悩んでたら。

ダンブルドア先生は、こう言ってくれた!

違うところは、ロンやハーマイオニー、ハグリッド。
みんなの存在と、信頼だった。

そして、ダンブルドア先生という強い味方。

負けるわけない( ˙ᵕ˙ )


私は、負け戦はしたくない。
戦うなら、絶対勝つ。負けない。
そう心に誓ってから、今に至りますʚ❤ɞ

スポーツでもねー、テニスくらいしかできないですけど、自分の中に勝ちを置いてやりますね。
1点でもとれたら、結果は負けでも心は負けてないですから(笑)

そのとり方が、ダウンザラインが理想っていうだけ。

負けても、心で勝てばいいや(´∀`)


結果は、結果として大事なもの。
けど、私は何においても、人類最強じゃないので(笑)

一番なんてなったことない。
そんな人間が、負けたくないって思うようになったのは、心の戦い( 'ω')👍✨

応援するんだ、心で戦う人を。

それは、またの機会に表します。軽めに。

どうなったら、元気になれるのかってこと。


   *'``・*。

    |    `*。
  ,。∩    *
+  (´∀` ) *。+゜
`*。 ヽ、 つ *゜*
  `・+。*・'⊃+゜
  ☆  ∪~。*゜
   `・+。*・

長くなっちゃった。
ここまで辿り着いていただいて、ありがとうございます。



広告を非表示にする