White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

━─━─【知りま線】─━─━

記憶喪失を知る機会がありましたが、本当かどうかはわからないままです。
けど、ウソならすごくうまいなぁと思えるほど、よく考えられていて研究もされているかなと思う内容でした。

しいて言うなら、「みんなが優しい」というのが、記憶がなかった者として、私にはウソかなと一瞬思えた部分です。

私は、当時記憶が無いことに関して、友人からのビンタと謎の罵声と、いろんな暴力がさらに私の記憶障害を悪化させたと思ってるので、それらは時を挟んで再び、度重なる強いショックとなりました。

どんだけ痛くて、泣いたんだろうと思う。


そういう経験からの見方もあると考えると、人それぞれに「記憶喪失のマイルール」という定義のようなものが存在することにも驚かされますが、たぶん同じようなものですかね。

どんな感じなのー?とかはありがたいけど、言葉覚えてるの笑えるとかは、それ自分ルールだよねって思う。

少し、調べてみた時に、私はエピソードの記憶障害があったのかなと思えました。
それに関することがごっそり抜け落ちるというもの。
だから、本来なら何も知らない、なかったまま普段の生活が可能でしたが、現実は、そこに友人が怒った状態で絡んでいたので、泣かされるという結果に繋がりました。

あとは、人物も何人か忘れ去っていたことがありましたが、自然に忘れるものなのか、ちょっと判断がつきにくいものもあります。
エピソードに含まれているのかもしれないし…。
難しいです。

このへんのねー、話をしてみても医者は理解しないで妄想だって。

ありえないんだって。
なんでそんなことをするんですか?わざわざそんなことする人いますか?ってなるみたい(笑)
平和な世界に生きてんなーと思って、精神科医の人生垣間見たい。

開心術とかで( ˙ᵕ˙ )
反吐が出るとか言いたくなったりしてね(笑)
わかりやすい映画のワンシーンネタです。

平凡でヘイタンで、なーんも変なことなくて、真っ直ぐでスタート地点も丸見えなのかなぁと考えた。
僕の人生には、そんな人(サンプル)いなかったんで。みたいなね。

世の中、どんだけいろんなこと起きてて、いろんな人がいるか少しは考えたらいいのに。

妄想ってされるから、何にも言いたくなくなるんですよ。
ありえないから妄想って感じだもん。

「何でそんなことするんですか?」って、それがわかってたらされてねーよ。
そういうことをする奴だってわかってたら、されるようなことしないだろって思う。

PTSDは人の手で作り出せるのに、意味わからないって統合失調症にしてたら、そりゃずーっと原因不明だろうな。
原因不明の病気が、統合失調症
でも、背負わされて生きていくには重すぎる病名とイメージの定着なんですよね。

私は、PTSD統合失調症の関連や急性で現れるものも確かにあるのではないかと考えています。
体験者としてです。

学生時代から、PTSDであると関わった一部の友人達は知っていたし、何かを理解していたと、今は記憶しています。
その上で、疎ましく思われていたし、キツい風当たりもありました。
けど、それでも普通に?…優しく?接してくれる人がいたおかげで、普通だと思える道を20歳近くまで歩けていたのだと思います。

PTSDは、重大な命に関わる出来事のみで、ニュースになったことが条件であるとされているなら、そこにこだわりたくないし、過去に関しては記憶障害として考え、私は経過と予後とそれに伴ういくつかの、未来への不安とか気分による様々な症状をなんとかできたらなぁと思って、今もたまに辛い時があります。

その苦しみは、2010年から続いていて、その時から悩み始めて、最初は自分がひどい気分屋だと感じて、情緒不安定でもあると考え、辛かったです。

いつの間にか、7年が経過して少しずつその変動は減ってきました。

ですが、日常の中で、日々に比べると大きめなストレスがドーンと降ってくる、ぷよぷよのおじゃまぷよがどっさりいきなりしょっぱなから降ってくる感じの出来事があると、途端にブチ切れてしまいます。

前触れとして、悲しくてひとりで泣くという行動をやっと認識しました。

以前、喜怒哀楽をキャラに例え、描いてみたお話にそれはよく表れました。
なんとなくあらすじとかを覚えていますし、書ける範囲でまた書いてみようと思います。

そうすることで、私は自分を書きとめておくようになりました。

泣くということ、怒ること。
これは、お互いになくてはならないもの。
私が悲しくて泣くと、誰かがすごく怒る感覚があって。
それを、なんとかなだめるように鎮めてまた管理するのは、「私」という主人格らしき人が大変。
たぶん、それは人格障害ではなく、ブログを書いている時の「私」が一番冷静にいろんなことを整理して考えたりするので、近いのかなと思います。

切り替えスイッチみたいな、誰にでもある外の顔とか、お仕事用のとかよそいきの服みたいな感じです。
ホント、誰にでもあるスイッチの怒り版。

そのお話では、喜びと楽しみはいなくなるという設定でした。
表れるものがあるなと思います。


リンクではなく、コバナシカテゴリーに置きます。

症状でもあるので。