White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

インスタント犯罪

「3分間待ってやる!」

と聞いて、カップラーメン食べるの?と思う人と、ラピュタ?と思う人と、さらに変な人がいる。

有名なセリフであるにも関わらず、知らない人は知らないし、その人の中のキーワードで判断されて、言葉が返ってくるんですね。


変な人は、サンプルがないので作品を知らないという特徴のある人で、性格がクッソワロタ並に悪い人に聞かないとわからないです(笑)


無視かもしれません_(┐「ε:)_ズコー


お手軽にいろいろと考える頭を持っているのに、ギャグセンスは壊滅的にないんですねー。

あるのに、認めてないからつまんない。

真面目に思ったことを楽しいと思われてしまうおバカな頭を持っているのだから、楽しく全部話せばいいのにねー。

それなのに、「私、天然でぇー(;゚ё゚;)-3」と都合良く言う。
真面目に言う事程、そういう風にすればいいのに。
ふざけて言うことほど、そうやって都合良く言葉や表現を使って、誰かを浮かべて貶める。


絶対に、許されない人間。


「天然ボケ」のフリをするだけならまだ良い。
それを使って、誰かを貶めようとする人間を許さない。

例えば、エピソード泥棒をして、バカだと罵らせて「バカですよねー!(´๏౪๏`)」とか言う。

すると、自分の置き換えている人間は本人の知らない間にけなされ、自分自身は「自分をわかってる」と評される。

わかってねーよな。


新たな頭の病気だと考える。

置き換えてしまうのだから、病名はジョーカー。
七並べにおける、ジョーカーである。
本来、そこに置くカードを持っている人が新たにジョーカーを手にして、後半にやられると、負けてしまうカードのような病気。


今って、私の中では終盤ですけど。
これをやった人がいるようなので。

事態の把握が遅いと、どんどん招き入れてしまいますね。

実際に、終わっちゃった人達いるなぁって気づいた。


そう、バカにしてた、煙たがってたとある病院に通っている人間を招き入れてしまうんですね。


そうやって、商売って終わるんだね( ˙ᵕ˙ )

終わらないのは、とある病気だけ。


でもこれも、来年実装されるある国家資格で徐々に淘汰されていくことを願う。

少し、私の願い事が現実になっていた。
メンタルヘルパー改め、心理士。

心理師だったっけ。


国家資格で実装されるそうです。

この資格を持って、心の病と向き合ってくれる人が増えていくことを望みます。
楽して金儲けではなく、ちゃんと向き合ってくれる精神のある人にやってもらいたい。


今ある精神科は、犯罪者専門でみればいい。

普通の人は、なるべくなら心理学的に見る心の方に行く方がいいかと思います。
薬物療法のところは、、、
私が行ってるところですが、5年も通って、まだまだ辛い不安障害や未来への悲観はあります。
なんとか、頻度が減り、軽度のものになってきていますが、それは薬ではなく、自分でやる治療です。

楽しいものを見つけ、考え方を変え、面白いものを見つけて、笑う。
昔ながらのドリフやジブリ、ディズニーなど作品を見て、何かを得られることは本当に心に良いです。

心に傷がついた人間は、本来なら感動を深く染み込ませることができるのかもしれません。
傷がついているところから、深く染み渡っていきやすいのでしょう。
だから、受け取れるものも多く、感動も大きいのかなと思います。
そして、今はSNSがありますので、最初はノートに書くだけにして、少しずつ、まとまりのある感想を書けるようになってきたら、ぜひ、ブログなどで表わしてみてほしいなと思います。

それが、私が自分で勝手にやっている、療法です。
暴露療法と呼ばれるようですが、似ているだけかもしれません。

作品の感想というのは、たまに攻撃的なことを言われたりもするでしょう。

けれど、感想ですから。
議論をしてみるのもまた、楽しみになるかもしれません。

ただ、ネットには心がない人もたまにいますから。
揉め事は、辛いです。
誰もが一度は経験しますけどね。

医者や接客ではなく、話の合う誰かの存在こそ、一番のお薬です( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )


そういう人と出会えることを、私も望んでいます。


タイトルは、これとは少し違い、簡単な気持ちで犯罪をする人間の心理です。

周りになぜかいっぱい、います(笑)

なんでかな( ´:ω:` )

嫌な奴だ。
嘲笑が一番、人として私は頭にきますかね。


ウォーキング・デッドの世界に行けばいい。
そこで、同じように好きなだけ嘲笑して、戦ってみればいい。

嫌な奴の戦い方を、見てみたいですね(˙罒˙)