White Rainbow

ある日、霧の中で幻のクマと1匹の野良猫が出会った。

感激するほどの感謝。

頭にあった記憶が繋がりを見せる、記憶のパズルがほぼすごいものを見せてくれる時。

そこには、悲しみも胸の痛みも存在しますが、覚えていることでもあるので、それはとても大きく、私の感情や心に影響を与えます。


もう泣けない、笑えないよ。
そう思った、2010年の夏頃。
※以前、書いたものではありますが、話の中で何度か登場することがあります( ˙ᵕ˙ )

その時、私の心を導いたのは、嵐の感謝カンゲキ雨嵐でした。
理由は、近くに置いていたウォークマンで何か歌を聴こうと思ったようで、選曲は高校生の時に好きだった歌という記憶です。
私が辛かったのは、「その時」であったことから、歌を聴こうと導いたのだと思いますが、詳細はわからないです。

なんとなく、ですかね。
辿るように分析した、自分を動かした感情、記憶はそうだったというだけで( ˙꒳​˙ )


不思議でした。
Smile again!という歌詞の力強さが。
嵐はずっと好きでしたから、5人からエールとして「Smile again!」と言われた気がしました。
聴いている内に、ひとり、泣けてきて。
「笑っていいんだ…」と呟いたことを覚えています。
今でも、元気が出る歌のひとつです(´;ω;`)

私の人生を彩り始める、再スタートとなった歌です。

嵐は、中学時代にデビューしたのか、A・RA・SHIでファンになっています。
その流れで、好きだった歌なんですよね٩( 'ω' )و

中学時代、記憶が大きなショックによって飛んだことが、その後に多大な影響を与えられたということから記憶の旅はスタートしましたので、「その時」を思い起こさせてくれて、ここから歩いていくんだねって、動けなかった「自分」を再び見つけられた気がします。

そこから歩いて行く記憶の道には、もう一度好きになり、今も変わらぬ歌声を届け続けてくれているアーティストさんたちの存在がとても嬉しかったです。
これは、ずーっと一緒に、正常な時の流れを体感しながら歩いてきたら、なかなか感じられない「ありがとう」という喜びかなぁと思ったら、ゆずさんには本当に笑顔で泣いちゃうんですよね(´;ω;`)

ポルノさんには、変わらず好きな歌、メリッサをまたカラオケで歌えるようになった喜びがありますし。

何より、林原めぐみさんには子供の頃からの憧れのヒーローのひとりを思い出させていただき、カラオケでイントロを聴いた瞬間、軽い電流が体内を巡り、そのまま1曲歌いきった記憶があります。゚( ゚இωஇ゚)゚。

歌詞もメロディも、他2曲も箱が開くように思い出して、歌いました( ˙꒳​˙ )


嬉しくて、林原めぐみさんにも感謝カンゲキ雨嵐!


歌が導く、記憶と共にあるということを、みんな何気なく消化しながら生きてるとは思うのですが、そのことに気づいて、私は泣きます。


そしたら、嵐のアルバムを無性に聴きたくなって。
持っていたアルバムから、アンサーソングすらも嵐が歌ってくれていたことに心が温まりました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


本日のオススメは、嵐のマイガールです。


届くかなぁと思いながら聴いていましたが、本人達の歌だから、聴いた時にはきっと届いてるな(笑)と思って楽しくなりました( *˙ω˙*)و 

自分達へのアンサーソングも、自ら歌っちゃう最強アイドル!

サビがいいんです。

追記。
歌詞ちゃんと見てみたら、記憶のこと歌ってて、もっと好きな歌になった。
めっちゃ優しくて温かい歌なんだなーと思った。



 _∧_∧__ ド━━━━━━━━ン
(_( ・ω<)_() ≡≡≡❤ Thank  you!
 / つノ 
 し―J