A White Rainbow

創作をする人の日常と考え事の壺。

◆カテゴリー表示の際、記事タイトルクリックで全文表示されます。

そうだ、パダワンを名乗ろう!

こんばんは、若きパダワン(32歲)です。
ジェダイ見習いを、パダワンというので使ってみました( ˙ᵕ˙ )


私は、過去を知り、ひとりで感動を覚える生活を7年間繰り返してるのですが、慣れちゃって、寂しいを感じなくなり、ひとりでも楽しい!と思える領域に達しました。
ですが、記憶を戻す作業中、そばに誰かいてくれたなら…と思うことはありますし、そういう人がクソ羨ましいですね(´・ω・`)

感動を分かち合い、奇跡に喜び、さぞかし愛も友情も深まり、周囲から崇められることでしょう。
ワッショイワッショイ!ヨイショヨイショ!
あの子は、奇跡の人!記憶戻るなんてすごくない!?
そして、いらぬ団体やらを呼び寄せたり…するのでしょうか。怖いな。

だったら、ひとりでいい( ´・∀・` )
この感動は、私だけのもの。
みんなわかんないんだねー!残念だねぇ!
とか、ソロを延々続けるうちにすっかり私は記憶が戻るエピソードにひねくれた見方をするようになりました。
なんだかんだ、ひとりで感動するというのはやっぱり寂しいもんですよ(笑)
誰もわかってくれないまま、時だけが重なるように過ぎていきますから。

記憶が戻るって、本当に泣くほど嬉しかったりするんです。
けど、ないですかね…それがもう。
最初はありましたけどね。
そのうち戻る度に寂しくて、泣いてる感じがします。
7年も経てば、代わりに、嬉しくて笑顔になれることも増えたと思います(* ॑꒳ ॑* )

それが、私が他人に誇れる自分の特性になりました。

僻みととっていただいていいのですが、周囲に感動を分かち合う人々が仮にいたとして…甘えが必ず出てくるんじゃないかって思ってしまいます。
例えば、感情の起伏に変化をもたらすこともあるし、自分の身に起きた「奇跡」をもてはやされたりすれば、少なからず人は横柄になっていくものだと考えます。

私が、ひねくれてしまったように。
「奇跡」と「人々からの愛」を同時に受け取った人間は、意外にも世間的には感動されなかったりして、内輪ネタみたいに…ね、フーンで終わっちゃったりね。
よかったねって一言だったり。

トトロによかったねって曲名あるけど、ひとつの記憶が戻る時、私の頭の中に流れていった曲でした。
宮崎さんまで、私のインサイドヘッドにはいてくれた。
そんな「奇跡」の方に、ひとりでとは言うものの感謝は尽きません。

結局、人はひとりで生きていないのだから。
いろんなことに、人に、たくさんの影響を受けて、日々を歩き、人生を知っていくんですね( ˙ᵕ˙ )

だから、私はひとりじゃないなぁと思える時、悲しみじゃない涙を流して、部屋で大泣きした日ほど、「誰か」に感謝するようになりました。
それが、この7年の何よりのプレゼントかもしれません。
いつの間にか増えた100曲以上の自分が書いた詞には、いつだって、その時の私がいます。
想いに、新しい夢に、動物達に、作品に、人々に、言葉に感謝があって、今も悲観した時は必ず何もないわけじゃないことを考えます。

奇跡より軌跡を、私は思っていこうかな٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

その軌跡に、きっと最大級の奇跡を見よう。
私の人生で一番の、奇跡を夢見たい。

悲観すると、私の中に生まれるものがあるんです。
それは、心から誰かに残したくて考えるもの。
「情けは人の為ならず」のふたつの意味、本来の意味が好きで、大切にしているので、まず、自分のためなんですけど( ˙꒳​˙ )


また、新しいことを浮かべて、心は動き出しています。


留まってはいけないと、思ってしまいます。
もう少し、夢を見ていたいとも思いますが、思い出や自分に「甘える」のはいけない。

いつも、自分に厳しく。
それが私を高めてくれる‎|•'-'•)و✧

生きていくことは、私には修行ですから。
何かを感じた時は誰かが泣いている時、怒っている時。
そんな感情を持った日には、そうだ。描いておこう、ジェーダーイ爽快。


ここからは、ジェダイの哲学の時間です(๑•ᴗ•๑)

未来は、不確かであり誰もが不安や恐れを抱くものである。
しかし、そんな不確かなものを考えている間、おろそかにしてしまっている「今」こそ、未来を創りあげるもの。
今を犠牲にすることはない。
けれど、未来に抱く様々な感情。
それは時に必要なものである。
心に平安をもたらすためには、ダークサイドへと繋がる執着をやめること。
感じたものを手放すことで、保てるものがある。

瞑想は、心の中を迷走することではないです( ´・∀・` )

そんなことをすれば、一歩先の未来への扉をも見失い、再び明日に迷い、日々を余計に走り回らねばなりません。

過去を捨てるのではなく、そこから得る負の感情や未来への不安は、安心感で何とかなるんですね。
ライトセーバーがあれば、強さを手にできます。
武器のない日本では、それはとても心強く、ライトセーバーそのものに、安心感を得ることでしょう。

けれど、それは溺れることになる。
ダークサイドへと、感情が自分を導いてしまう。
そういうことを、この本はすべてのページにおいて教えてくれます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

順番に読まず、あえて辞書みたいに読む(笑)
章ごとに、考え事を見極めて参考書にしてます。
この読み方、「ジェダイ」に囚われなくて楽しいですよ( *˙ω˙*)و 

最初から読んでいくと、筋道は見えると思うんですけど、頭に入るものは「形式」になってしまいます。
ジェダイマスターではなく、ジェダイの哲学マスターになるだけです(゚ロ゚)!!

考え事の答えが、書いてある。
そして、セットで読みたい、お猫様の写真集「般ニャ心経」には、はじめにこう書いてあります。

空の思想。
絶対的なものはなく、すべて変化していくものであるという考え方です。


その都度、思想が重なるんですよね٩(•ᴗ• ٩)


ゴウンカイクウ
とかも、ジェダイの思想を取り込むのに、とてもわかりやすいです。

そして、何より嬉しかったのは、学研さんが「教えに縛られず、自分で表現してみせよ。」と書いてくれていたこと。
これは、パラパラと最後を見た時に見つけて、嬉しくなりました(๑•ᴗ•๑)

よかった、表せる喜びを持ててと。

それがこの7年間、私が泣くほど喜べる、変わらぬ幸せで、たくさんの感謝をしているものであり、人に本当に誇れるもの。

伝わる喜びも、伝えられる喜びあってこそのもの。


いつか、あなたに届くように、私は今も、これからも描き続ける。自分自身を。

内なる言葉と喜びを、表現し続ける。


読んでいただける喜びも、また尽きません。
非公開が解除できたら、いいのですが。
そうもいかず(笑)

したためておりますʅ( ´_ゝ`)ʃ



広告を非表示にする